「くしろ湿原ノロッコ号」が30周年 記念ヘッドマーク掲出、区間延長も JR北海道

「くしろ湿原ノロッコ号」が30周年 記念ヘッドマーク掲出、区間延長も JR北海道

「くしろ湿原ノロッコ号」30周年ヘッドマークのイメージ(画像:JR北海道)。

観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」が運行30周年!

 JR北海道は2019年1月18日(金)、釧網本線を走る観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」が6月24日(月)に運行30周年を迎えると発表しました。

 これに合わせ、記念ロゴをもとに製作したヘッドマークを掲出。今年の運行初日である4月27日(土)には、釧路駅で出発式を行います。

 5月25日(土)と26日(日)は、運転区間を釧路〜塘路間から釧路〜川湯温泉間に延長。川湯温泉駅では、地域の人たちとおもてなしイベントを企画中といいます。

 JR北海道は「ぜひ『くしろ湿原ノロッコ号』で雄大な釧路湿原をご堪能ください」としています。

関連記事(外部サイト)