東京メトロ銀座駅に姿を現した「戦跡」 空襲で破壊されたトンネルをどう復旧したのか

東京メトロ銀座駅に姿を現した「戦跡」 空襲で破壊されたトンネルをどう復旧したのか

銀座線 銀座駅ホームの新橋寄りに姿を現した爆撃の痕跡(2019年1月14日、枝久保達也撮影)。

リニューアル工事が進む東京メトロ銀座線の銀座駅ホームで、太平洋戦争時に受けた爆撃の「痕跡」が姿を現しました。被害が生じた部分はホームから見ることが可能。ただし、今後ずっと見られるかどうかは分かりません。

リニューアル工事で「露出」

 東京メトロ銀座線の銀座駅(東京都中央区)に、いまも太平洋戦争時に爆撃を受けた痕跡が残っています。

 この痕跡、従来は化粧パネルで覆われ、ホームからは見られませんでした。しかし2019年1月14日(月)に現地を訪ねてみたところ、化粧パネルが撤去され、数十年ぶりに痕跡があらわになっていました。

 東京メトロは2012(平成24)年、開業から90年近く経過していた銀座線のリニューアル計画を発表。「伝統の継承」などをコンセプトとし、各駅のリニューアル工事を順次進めています。化粧パネルが撤去されたのは、このリニューアル工事のためです。

 太平洋戦争が終わりに近付いていた74年前の1945(昭和20)年1月27日、米軍は東京都心を標的とした初めての爆撃「銀座空襲」を行いました。投下された爆弾のひとつは、銀座四丁目交差点に落下。銀座線の銀座駅に通じている現在のA2出入口の真横に着弾し、出入口は破壊され、すぐ近くの鳩居堂ビルは炎に包まれました。

 東京メトロの前身である営団地下鉄の報告書によると、爆弾はトンネル上部に到達して爆発。浅草行き電車が通る線路の新橋寄りにある鉄骨鉄筋コンクリートの上部に3mほどの大穴が空き、鉄骨の桁が折損しました。さらに爆発で破壊された水道管から大量の水が流入し、線路が水没したのです。このため銀座線は3月9日まで被災箇所を避け、変則的な折り返し運転を行いました。

痕跡の将来はどうなる?

 地下鉄開業50周年を迎えた1977(昭和52)年発行の種村直樹『地下鉄物語』(日本交通公社)には、被爆跡について次のように記されています。

「いまも営団銀座線銀座駅の新橋側はずれにある信号取扱所(編注:信号機や線路のポイントなどを操作する場所)前で、浅草方面ゆきの側壁を見上げると、爆弾による衝撃の跡が生ま生ましく残っている。タイル張りの壁のコンクリートの上部がずれて飛び出しているが、崩れるおそれはないとのこと」

 しかし、2019年1月14日に露出した痕跡を現地で確認したところ、「ずれて飛び出した」ように見えた部分は、実際には壁に取り付けられた鉄骨をモルタルで固めていたことが分かりました。

 銀座駅のトンネル部分は、「鉄構框(てっこうかまち)」と呼ばれる鉄骨で組んだ枠を等間隔で並べ、これを鉄筋コンクリートでつなぐことでできています。トンネルを包む鉄構框は左右対称の形をしていますが、新橋寄りにある信号取扱所の上部だけ、爆撃を受けたためトンネルの両側で形状が異なっています。

 この信号取扱所から見ると、新橋・渋谷方面の線路は、天井から側壁にかけてつながる鉄骨が見えますが、浅草方面は側壁の鉄骨がなく、壁面に追加された鉄骨が天井の梁(はり)を支えています。爆弾によりトンネルが鉄構框こと破壊されてしまったので、代わりの梁を置き、鉄骨で支える構造にして応急復旧させたのでしょう。

 気になるのは今後です。爆撃の跡は再びモルタルで埋められて、化粧パネルのなかに隠されてしまうのでしょうか。数十年ぶりに姿を現した戦跡の継承は、伝統の継承をコンセプトに掲げる銀座線リニューアル計画の趣旨にも沿っているように思います。

 東京の都心が戦争の舞台となり、地下鉄にも被害が及んだ歴史を後世に伝え、今後も地下鉄が平和のうちに走り続けることができるよう、被爆跡をしっかりと保存、公開することを、東京メトロに望みます。

 なお、現地へ見学に行く際は、ホームドアに接近したり、ホームから身を乗り出したりすることは絶対にしないでください。黄色い点字ブロックの内側から見るようにしましょう。

【写真】爆撃跡はここにある

関連記事(外部サイト)