「足柄スマートIC」3月開通 東名の足柄SAに誕生、御殿場ICの負荷軽減へ

「足柄スマートIC」3月開通 東名の足柄SAに誕生、御殿場ICの負荷軽減へ

足柄スマートICは足柄SAに設置される(画像:NEXCO中日本)。

東名高速の足柄SAに「足柄スマートIC」が誕生します。

 小山町(静岡県)とNEXCO中日本東京支社は2019年1月24日(木)、東名高速の足柄SA(静岡県小山町・御殿場市)に設置する足柄スマートICが、3月9日(土)15時に開通すると発表しました。

 足柄スマートICの整備により、国道138号など御殿場IC周辺道路の渋滞緩和が期待されるほか、物流の効率化、緊急医療への貢献といった面で効果が期待されるといいます。

 足柄スマートICはETC専用で、全車種が全方向(東京方面・名古屋方面)に24時間利用できます。通行料金(普通車、通常)は、東京ICから2500円、横浜町田ICから1870円、静岡ICから2310円、名古屋ICから5430円です。

関連記事(外部サイト)