車窓に合わせて窓に情報表示 JR九州、観光列車でAR技術の実証実験へ タッチや声で操作

車窓に合わせて窓に情報表示 JR九州、観光列車でAR技術の実証実験へ タッチや声で操作

列車の窓に観光情報を表示するサービスのイメージ(画像:JR九州)。

JR九州とNTTドコモが、観光列車の車窓上で観光情報を提供するサービスの実現に向けて実証実験を始めます。

JR九州とNTTドコモが協業協定締結

 JR九州とNTTドコモは2019年1月25日(金)、AR(拡張現実)技術などにより観光列車の車窓で観光情報を提供するサービスの実現に向けて、この春から実証実験を始めると発表しました。両社は同日、協業協定を締結しています。

 JR九州が運行する観光列車(D&S列車)の車窓で、風景に合わせて観光情報をリアルタイムで表示し、タッチや声などの操作で必要な内容を提供します。乗客のスマートフォンやタブレット端末と連携し、駅から目的地までの観光ガイドを提供するほか、多言語対応も検討するといいます。なお、位置情報を活用した技術検討については、ゼンリンデータコムが共同検討パートナーとして参画します。

 2019年春からは、サービスの導入検証として、特急「いさぶろう」「しんぺい」の車内で実証実験が行われます。乗客にタブレット端末を貸し出し、列車の走行位置に応じて車窓からの景色や目的地の見どころ、地域の特産品などの観光情報、ARコンテンツを提供します。

 将来的には車内プロジェクターや透過型ディスプレイ、第5世代移動通信システム(5G)の活用を計画。観光情報を景色に直接重ねて表示する“AR観光ガイド”の実現を目指すとしています。

【画像】実証実験のイメージ

関連記事(外部サイト)