逗子・葉山駅、大師橋駅、花月総持寺駅、京急東神奈川駅が誕生 京急4駅の駅名変更へ

逗子・葉山駅、大師橋駅、花月総持寺駅、京急東神奈川駅が誕生 京急4駅の駅名変更へ

改称後の駅看板イメージ(画像:京急電鉄)。

京急電鉄が4駅の駅名を変更。旧駅名は副駅名として表記されます。

小中学生の意見も参考に選定

 京急電鉄は2019年1月25日(金)、4駅の駅名を2020年3月に変更すると発表しました。

 これは京急が創立120周年記念事業の一環として、「沿線地域の活性化」を目的に実施するもの。同社は「町名、地域シンボルおよびお客さまの利便性等を総合的に判断」して、駅名を変えるとしています。

 2020年3月に改称されるのは、次の4駅です。

・産業道路駅(川崎市川崎区、京急大師線) → 大師橋(だいしばし)駅
・花月園前駅(横浜市鶴見区、京急本線) → 花月総持寺(かげつそうじじ)駅
・仲木戸駅(横浜市神奈川区、京急本線) → 京急東神奈川(けいきゅうひがしかながわ)駅
・新逗子駅(神奈川県逗子市、京急逗子線) → 逗子・葉山(ずし・はやま)駅

 京急は2018年9月、産業道路駅の駅名を変更すると発表。同駅以外にも数駅の駅名変更を検討するとしていました。同年9月から10月にかけて沿線の小中学生から募集した意見(応募総数1119件)も参考に、駅名を決めたといいます。

旧駅名も副駅名として表記

 産業道路駅は、「地元シンボル」のひとつで川崎市と東京都大田区を結んでいる橋と同じ名前の「大師橋」に。花月園前駅は1946(昭和21)年に閉園した遊園地の名前を冠しており、その跡地に開設された競輪場も2010(平成22)年に閉場したことから、新駅名は駅の近くにある寺の名前を含めて「花月総持寺」とします。

 仲木戸駅はJR線の東神奈川駅に隣接していて乗り換えも可能ですが、駅名が異なるため乗り換え駅としては知られていませんでした。そこで「京急」を冠した同名駅に改称し、乗り間違いを防ぐといいます。

 新逗子駅は「ブランド力のある逗子と葉山を合わせた駅名に変更」するとして「逗子・葉山」に。同駅は羽田空港から直通する列車の終着駅で、「行き先として駅名が表示されることにより、多くのお客さまに保養地、景勝地である葉山へのアクセスポイントでもあることを広く認知していただく」という狙いもあります。

 このほか、京急は駅名を変更しない駅でも、「誘客促進に繋がると判断したもの」については4駅の改称と同時に副駅名を付けることにしました。副駅名が表示される駅は、次の10駅(カッコ内が副駅名)。駅名自体が改称される4駅は、旧駅名を副駅名として表記します。

・鮫洲駅(鮫洲運転免許試験場)
・大森海岸駅(しながわ水族館)
・産業道路駅(旧駅名 産業道路) ※駅名は「大師橋」に改称
・京急鶴見駅(大本山總持寺)
・花月園前駅(旧駅名 花月園前) ※駅名は「花月総持寺」に改称
・仲木戸駅(旧駅名 仲木戸) ※駅名は「京急東神奈川」に改称
・日ノ出町駅(野毛山動物園)
・新逗子駅(旧駅名 新逗子) ※駅名は「逗子・葉山」に改称
・追浜駅(横須賀スタジアム)
・汐入駅(横須賀芸術劇場)

関連記事(外部サイト)