次世代新幹線「N700S」2020年7月に営業運転開始へ 3年間で40編成投入 JR東海

次世代新幹線「N700S」2020年7月に営業運転開始へ 3年間で40編成投入 JR東海

次世代新幹線車両「N700S」。写真の編成は確認試験車(2018年10月、恵 知仁撮影)。

JR東海が次世代新幹線「N700S」の量産車について、仕様と投入計画を発表。地震時のブレーキ距離短縮やバッテリー自走システムの搭載、防犯カメラの増設、全席電源コンセントの設置などが盛り込まれます。

量産車の仕様発表

 JR東海は2019年1月25日(金)、新幹線N700系の置き換えとして2020年度から投入する新型車両「N700S」の、量産車の仕様と投入計画を発表しました。

 N700Sの量産車は、ATC(自動列車制御装置)とブレーキシステムを改良し、地震時のブレーキ距離を既存のN700Aタイプから5%短縮。車輪部分の台車カバーは形状を変更し、また、融雪ヒーターなど着雪防止対策を講じ、列車の遅延減少につなげます。

 バッテリー自走システムを高速鉄道では初めて搭載し、地震などの自然災害時に長時間停電した際も、乗客が避難しやすい場所まで自力走行が可能。また、長時間停電した場合でも一部トイレの使用が可能です。

 N700Sは客室の天井にも防犯カメラを設置。緊急時の通話装置は客室内に数を増やして設置し、乗務員だけでなく指令所の係員とも話ができるよう改良されます。各座席には、モバイル用の電源コンセントが備わります。

 営業開始時期は2020年7月を予定。2020年度は12編成、2021年度と2022年度は14編成ずつのペースで、3年間に計40編成を投入する計画です。費用は約2400億円を見込みます。

 なお、既存のN700AタイプにN700Sの一部機能を追加する改造工事も行われます。

 N700Sは、確認試験車が2018年3月から走行試験を実施しています。東海道新幹線の営業列車と同様、N700Sの確認試験車も16両編成で製造されましたが、搭載機器の小型化によりN700Sは、路線環境に応じて6両や8両など柔軟に調整できるのが特徴。2018年10月には8両編成での試験走行も行っています。

関連記事(外部サイト)