「フェリー泊」世界的に注目 宿泊予約サイトで乗船券販売、日本でも 名門大洋が開始

「フェリー泊」世界的に注目 宿泊予約サイトで乗船券販売、日本でも 名門大洋が開始

名門大洋フェリー「フェリーきたきゅうしゅうII」(画像:名門大洋フェリー)。

名門大洋フェリーが国内で初めて、宿泊予約サイトを通じて夜行フェリー船室の直接販売を開始。世界的には珍しくなく、広がっている方法で、フェリー会社にとっても利用者にとっても、メリットがありそうです。

「1泊2日2食付きプラン」として

 オランダを拠点とする世界的な宿泊予約サイト「ブッキング・ドットコム」が、2019年1月15日(火)から、大阪南港と北九州の新門司港を結ぶ名門大洋フェリーの「宿泊予約」を開始しました。フェリーの宿泊施設を宿泊予約サイトで直接販売するのは、国内で初めてだといいます。

「ブッキング・ドットコム」では名門大洋フェリーの2等洋室「ツーリスト」に、朝食と夕食およびフェイスタオル、ボディウォッシュタオルのアメニティがついたプランを販売。料金は船により大人1泊6980円または8720円(いずれも税込みの通常期料金。四半期ごと改定)です。名門大洋フェリーに詳しく話を聞きました。

――なぜ宿泊予約サイトである「ブッキング・ドットコム」で販売を開始したのでしょうか?

 もともと「ブッキング・ドットコム」さんからご提案いただきました。当社では多言語対応のウェブサイトを2018年に開設するなど、外国のお客様向けの対応に力を入れており、実際にサイト開設以降、予約も増えています。近年は訪日客の旅行も団体から個人旅行へとシフトしていることもあり、世界中で利用されている「ブッキング・ドットコム」さんと提携することで、さらに多くのお客様にご利用いただけると考えています。

――2等洋室「ツーリスト」のみ提供するのはなぜでしょうか?

「ツーリスト」は部屋数も多く、これまでも外国のお客様によくご利用いただいていたため、まずはこのクラスから販売を始めることとしました。2段寝台の相部屋ながら、1段ずつ個室空間が確保されているというもので、当社船では2等の大部屋「エコノミー」の次にリーズナブルなクラスです。

世界的に注目されている「フェリー泊」

――「乗船券」はどうなるのでしょうか?

 予約時にクーポンを発行し、それと引き換えに乗船窓口で発券します。「ブッキング・ドットコム」さんの場合は予約時の決済機能がないため、支払いも窓口で行います。なお、当社では自社サイトのほか、外部のチケット予約サイトでも乗船券を販売し、自動車の航送についても受け付けていますが、「ブッキング・ドットコム」さんでは外国のお客様が多いことを想定し、客室の販売のみとしています。

※ ※ ※

 フェリーの乗船券予約は自社サイトや電話、あるいは代理店経由が主流ですが、近年、前出のように外部のチケット予約サイトで乗船券を取り扱ったり、パックツアーにフェリーを組み込んだプランを提供する旅行サイトも増えたりしています。名門大洋フェリーも今後、こうした外部サイトでの取り扱いを増やし、販売チャネルを拡大していくとのこと。

「ブッキング・ドットコム」のPR事務局によると現在、同サイトでは飛行機や夜行バスには対応していないものの、「フェリーでの宿泊体験は近年、世界的に注目されていることから、取り扱いを充実させてきました」と話します。今後、ほかの国内フェリーの取り扱いも予定しているそうです。

「日本では一般的に、ホテルは宿泊予約サイト、フェリーなど乗りもののきっぷはチケット予約サイトと取り扱いが分かれ、インバウンド(訪日外国人)にとってはハードルが高くなる部分がありました。『ブッキング・ドットコム』で一括して探せるようになれば、その利便性も高められます」(ブッキング・ドットコムPR事務局)

 なお、「ブッキング・ドットコム」では現在、世界で2700以上のフェリーやボートの宿泊予約が可能とのこと。特にインドやイタリア、スペイン、クロアチア、フランスなどでは、フェリーやボートが人気の高い宿泊施設になっているそうです。

関連記事(外部サイト)