本当に実現間近か ヘリ老舗が「空飛ぶタクシー」で示す未来の都市交通のあり方とは

本当に実現間近か ヘリ老舗が「空飛ぶタクシー」で示す未来の都市交通のあり方とは

「CES2019」にて公開された「ベル ネクサス」。その巨大な機体は、周辺にクルマ系の出展が多いなかでも抜群の存在感(2019年1月、会田 肇撮影)。

大手老舗ヘリコプターメーカーのベルが、そのつちかってきたノウハウをつぎ込んだ、いわゆる「空飛ぶタクシー」のコンセプトモデルを発表しました。夢物語の実現は、意外と近いかもしれません。

ベルがやるならガチ、かも?

 正月気分もさめやらぬ2019年1月8日、アメリカのラスベガスで開催された世界最大のIT家電見本市「CES2019」で、その姿は披露されました。自動車系の出展が多く集まるラスベガスコンベンションセンター(LVCC)のノースホール。ここで大手航空機メーカーのベル・ヘリコプターが、人が乗れる巨大なドローン「BELL Nexus(ベル ネクサス)」を、2020年代中頃にも“空飛ぶタクシー”「Bell Nexus Air Taxi」として市場導入すると発表したのです。

 これまで「都市交通」といえば、おおむね陸の移動に限られていました。これは言わば“2次元での移動”です。それが数年前から、空を活用する“移動の3D化”を目指す動きが活発化するようになったのです。一昨年(2017年)にドイツで開催された「フランクフルトモーターショー」ではメルセデス・ベンツが、やはり人が乗れるドローンのコンセプトモデルを発表。ほかにも、普段は自動車として道路を走り、必要に応じて空も飛べる「空飛ぶクルマ」も登場し、すでに受注が始まっていることに驚かされました。

 ただ、これらはあくまでコンセプトモデルであったり、受注が始まったとはいえ、スタートアップ企業(新たなビジネスモデルを掲げる新興企業)が始めたことであって、そこに不安を感じる人も少なくなかったりと、実態はややおぼつかないという印象でした。

 それに対してベルは、日本でもよく知られているV-22「オスプレイ」を開発したメーカーでもあり、航空機業界では80年にもおよぶ、長い歴史と経験を持っています。その実績に裏付けられた信頼性は、スタートアップ企業などとは比較にならないほど高いと言えます。特に垂直離着陸機(VTOL)の設計や製造について、知り尽くしているのは自明の理。そのベルが「空飛ぶタクシー」に乗り込んできたわけですから、注目されないはずはありません。

実現可能な姿で具体化、もはや「夢物語」ではない

 ベルは昨年の「CES2018」で、すでに「空飛ぶタクシー」の構想を発表していました。この時はキャビンだけを用意して、前列シートに操縦桿こそ装備されていたものの、そのコンセプトをVRで披露するのみにとどめていました。まさか、その翌年に早くも実物大のコンセプトモデルが登場するとは、誰もが予想しなかったでしょう。

 実物を目の前にすると、その大きさに圧倒されます。周囲にはダクトに囲まれた直径8フィート(約2.4m)のローターが6つあり、発表によれば車体重量は6000ポンド(約2.7t)。その姿は、まるで巨大なドローンそのものです。人が乗れるので当たり前ですが、その大きさは、ほぼヘリコプター並みと言っていいでしょう。ただ、道路上は走りませんから、「空飛ぶクルマ」という表現は当てはまりません。「ネクサス」は、ビルの屋上や専用ポートから垂直離発着するので、ヘリコプターに近いスタイルと言っていいでしょう。

 パワーユニットは、ガスタービンで発電してローターを電動モーターで回す、ハイブリッド型となっています。離陸した後は、ローターを垂直あるいは斜めに傾けた状態にして前へ進みます。最高時速は150マイル(約241km/h)で、航続距離も150マイル(約241km)と発表され、フル電動型よりも航続距離は長く設定されています。また、電動モーターでローターを駆動するため、通常飛行中は騒音がほとんどないのも大きなポイントで、その意味で、都市交通としての親和性は極めて高いとも言えます。

 定員は、パイロットを含んだ5名となっています。「Bell Nexus Air Taxi」と呼んでいるだけあって、観光タクシーとしての役割も果たし、たとえばAR(拡張現実)グラスを装着した乗客は、飛行データや現地の観光情報を楽しめるといったことも想定されています。

 つまり、ベルは「ネクサス」を単なる“夢物語”ではなく、近い将来の実用化に向けて開発を進めているのです。2023年にも「空飛ぶタクシー」の運用開始を目指している、ウーバー・テクノロジーズ(アメリカ)とのパートナー契約をすでに結んでいるのもその一環。ベルは、その実現へ向けた準備を着々と進めているというわけです。

社会のほうに受け入れる準備も必要

 一方で「空飛ぶタクシー」の、実現に至るまでに解決すべき課題は少なくありません。

 まずパイロットの問題。都市交通として身近な存在になるには、より多くの機体が投入される必要があり、航空業界でパイロット不足が深刻化しているなかで、それに対応できるのかという懸念があります。これについてベルは、「『ネクサス』は最初の設計段階から、自律運航機体として設計されている」としており、当初はパイロットによる操縦であっても将来はそれを自動化し、これが解決へとつながっていくと見ているようです。

 それから「空飛ぶタクシー」そのものの、運航上の問題もあります。新たなカテゴリーの乗りものに対して、航空当局がどのような規制をかけてくるのか、そのあたりはまだ見当すらつかない段階です。さらに言えば、社会的にも受け入れてもらえる信頼性を築き上げていく必要もあります。これについてベルは、「市場導入の初期の段階では、搭乗される方の信頼度を高めることに努め、社会においてこのような機体の受け入れが確立されるまで、安全上、パイロットの搭乗が必要と考えている」と説明しています。

 とはいえ、世界的に「ライドシェア(自動車の相乗り、あるいはそのマッチングサービス)」が広まっているなか、ここに空への選択肢が増えれば、渋滞が慢性化しつつある都市において、その便利さは格段にアップすることでしょう。移動が必要になったらスマートフォンを取り出してアプリを起動、メニューが表示され、所要時間を確認しながら陸から行くか空から行くかを選択する――そんな時代がまもなく実現しようとしているのです。

【写真】「ベル ネクサス」のコックピット

関連記事(外部サイト)