「オシャ鉄」「鉄道カラオケ」などなど 「鉄道博2019」過去最高の来場者に

「オシャ鉄」「鉄道カラオケ」などなど 「鉄道博2019」過去最高の来場者に

「鉄道カラオケ」で勝負する久野知美さんと岡安章介さん(乗りものニュース編集部撮影)。

テレビ大阪などが「鉄道博2019」を開催。様々な「鉄」のイベント、展示が行われ、過去最高の来場者数を記録しました。なお「鉄道カラオケ」は、南田マネジャーが最高得点です。

タレントより高得点を出すマネジャー

 大阪ビジネスパーク(大阪市中央区)で2019年1月12日(土)から14日(月・祝)まで、鉄道博実行委員会とテレビ大阪の主催により、「鉄道博2019」が開催されました。

 会場では「シミュ鉄」「撮り鉄」「描き鉄」「収集鉄」「鉄道カラオケ」「子鉄」「食べ鉄」といった様々なイベントを実施。比較的大きめの「HOゲージ」という鉄道模型を使ったエルマートレインの「模型鉄」ジオラマ展示では、信号機の色に応じて、実際に模型列車が停車するという風景も。

「ステージ鉄」では、“女子鉄アナウンサー”久野知美さんや、テレビ番組の「鉄道BIG4」として知られるお笑いトリオ「ななめ45°」の岡安章介さん、ホリプロのマネジャーである南田裕介さんが出演。久野さんと岡安さんのトークショーは、2人による「鉄道カラオケ」や、関西の鉄道ロケ話などで盛り上がりました。

 ちなみに、「鉄道カラオケ」は久野さんの勝利。「久野さんは東武鉄道などで実際に自動車内放送を担当してるからズルイ(笑)」といった声が会場よりあがりましたが、翌日のステージに登場した南田マネジャーが、さらに高い得点を出しています。

「オシャ鉄」では、女性と小学生以下を対象に、鉄道をモチーフにしたデザインネイルがプレゼントされ、来場したママ鉄(子どもと一緒に鉄道を楽しむママ)さんから「このデザインなら、普段使いができる」という声もありました。

 今回の「鉄道博2019」には、南海電鉄や若桜鉄道、銚子電鉄といった鉄道各社も出展。3日間で過去最高という1万908名が来場したそうです。なお入場は有料で、大人、子どもとも前売り700円、当日800円でした。

関連記事(外部サイト)