ロシア軍機また死亡事故、墜ちたTu-22Mは米露軍縮の政治的「例外」…どんな飛行機?

ロシア軍機また死亡事故、墜ちたTu-22Mは米露軍縮の政治的「例外」…どんな飛行機?

ツポレフTu-22M3「バックファイア」爆撃機。航続距離制限が設けられているが、60機以上が運用され、爆撃機の主力を担っている(関 賢太郎撮影)。

Su-34戦闘爆撃機に続き、死亡事故を起こしたTu-22M爆撃機は、米露の政治的駆け引きでやり玉に挙げられるほど高性能で、核攻撃も可能ですが、軍縮条約の「例外」扱いだそうです。どういうことでしょうか。

ロシア軍機、立て続けに死亡事故

 ロシア国防省は、2019年1月22日(火)にツポレフTu-22M「バックファイア」爆撃機が、ロシア北西部のムルマンスク州にあるオレニヤ海軍航空基地において、着陸に失敗したことを発表しました。また事故当時、オレニヤ飛行場の天気は吹雪であり、着陸失敗は悪天候が原因だった可能性を示唆。乗員4名のうち3名の殉職が確認されています。

 ロシア空軍では、そのわずか4日前の1月18日(金)、Su-34戦闘爆撃機2機が日本海上空において空中衝突し、墜落したばかり。同空軍は貴重な爆撃機と人員を立て続けに失ってしまいました。

 ただ空中衝突したSu-34と着陸失敗したTu-22Mでは状況が異なるため、両事故の直接的な関連性はおそらく無いでしょう。

 Tu-22Mは可変後退翼を持ち、超音速飛行能力と核攻撃能力を持った、非常に高性能な機体です。能力的には「重爆撃機(戦略爆撃機)」と呼称するに十分であるといえますが、その一方で政治的な理由から、Tu-22Mは「重爆撃機」ではないとされています。

 この複雑な事情は、1991(平成3)年にアメリカとソ連(当時)のあいだで結ばれ、後にロシアへも引き継がれた、「(第一次)戦略兵器削減条約(START I)」に由来します。

Tu-22Mは「非常に微妙な存在」

 2019年現在、米露間において有効とされる、2011(平成23)年発効の「新戦略兵器削減条約(New START)」では、核弾頭と運搬手段の保有数に制限が設けられており、重爆撃機+大陸間弾道ミサイル(ICBM)+潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の合計が700機/基以内(非配備含め800機/基以内)、核弾頭数1550発以内とされています。

 このうち「重爆撃機(Heavy Bomber)」は「空中給油無し、かつ、7500kgの兵装を搭載した状態で航続距離8000km以上を有し、射程600km以上の核弾頭搭載空中発射型巡航ミサイルを搭載する爆撃機」と定義されていますが、さらに「米露両国が合意した場合に限り、その爆撃機は重爆撃機と見なされない」という例外が設けられています。

 そして「重爆撃機」に該当する具体的な機種も明記され、アメリカの「B-52G、B-52H、B-1B、B-2A」、ロシアの「Tu-95MS、Tu-160」であるとされています。なお、核兵器搭載能力を封印することによって「重爆撃機」の対象外と見なすことも可能であり、すべてのB-1B「ランサー」と半数以上のB-52H「ストラトフォートレス」は通常の爆撃機となっています。またB-52Gは全機退役済みです。

「戦略兵器削減条約」締結交渉において、Tu-22Mは非常に微妙な存在でした。ソ連はTu-22Mを「中爆撃機」であると主張し、一方アメリカは「重爆撃機」と見なそうとしました。両国の折衝の結果、「第一次戦略兵器削減条約」には「バックファイア宣言」が盛り込まれ、Tu-22Mを「重爆撃機」と見なさい例外として指定されることとなります。

「バックファイア宣言」の要旨は3つ。第1に「ソ連はTu-22Mに対して、空中給油を含むいかなる方法であっても大陸間飛行能力を与えない」、第2に「空軍配備機は300機未満とする」、第3に「海軍配備機は200機未満とする」というものであり、現在配備中のTu-22M3からは、すべての空中給油装置が排除され、航続距離も6800kmに制限されています。

搭載ミサイルは「破格に高性能」、周辺国には十分脅威

「バックファイア宣言」は、端的に「アメリカ本土さえ核攻撃できなければ重爆撃機ではない」という意味だといえます。一方で、ロシアから距離的に近い日本やヨーロッパ諸国にとって、核搭載能力を持つTu-22Mは、十分に脅威的な重爆撃機ないし戦略爆撃機であるといえるでしょう。

 Tu-22Mの主要な兵装は、Kh-22空中発射型巡航ミサイル。世界で最も高性能で巨大な巡航ミサイルのひとつであり、重量はほとんど飛行機並みの約6t。射程600km以上、マッハ4以上の速度で飛翔し、核弾頭型であれば広島型原爆の10倍に匹敵する200キロトンの威力があります。また、発展型のKh-32が開発されています。このような破格に高性能なKh-22/32ミサイルは、アメリカ海軍の空母打撃群への攻撃を特に意識しているとも見られます。

 現行型のTu-22M3はシリアでの作戦に投入されていますが、驚くべきことに、無誘導爆弾による絨毯爆撃を行っているようです。

 アメリカ空軍は爆撃機に無誘導爆弾を搭載せず、一発必中の誘導爆弾によって多数の標的を破壊するという運用をしており、40発の爆弾を搭載していれば40目標を破壊できます。

 一方ロシアのやり方では、搭載した爆弾のほとんどは標的に命中せず、単にクレーターを造ることになりますから、爆撃機としての能力は、米国のそれには遠くおよばないといえるでしょう。

 現在、ロシアでは近代化改修型Tu-22M3Mや、将来的に後継機となる見込みの、B-2相当と推定されるPAK-DAが開発されていますが、誘導爆弾不足を解消したほうが、戦力向上には効果的かもしれません。

【写真】ロシア機の名前ややこしすぎ! 今回の件とは無関係のTu-22爆撃機

関連記事(外部サイト)