A320neoと「日本初」B737MAX8の計48機を発注へ ANAホールディングス

A320neoと「日本初」B737MAX8の計48機を発注へ ANAホールディングス

ANAのエアバスA320neo型機(画像:エアバス)。

ANAホールディングスが、ボーイング737MAX8型機30機とエアバスA320neo型機18機を発注へ。国内線や、ピーチの主力機材として導入する計画です。

 ANAホールディングス(ANAHD)は2019年1月29日(火)、ボーイング737MAX8型機30機と、エアバスA320neo型機18機の発注をすると発表しました。

 同日開催の取締役会で決定。両機材の納入は2021年度から2025年度を予定しています。

 ボーイング737MAX8型機は、日本の航空会社としては初めての導入です。国内線で運航されているボーイング737NGシリーズの後継機として、30機(確定20機、オプション10機)が新規に発注されます。

 ANA国際線で運航しているエアバスA320neo型機は、ピーチの主力機材として18機(確定18機)が追加で発注されます。

 ANAHDによると、現在、アジア・新興国の経済成長などを背景とした航空需要の拡大や旺盛な訪日需要など、ANAグループが大きく成長するビジネスチャンスを迎えているとのこと。2020年度以降のANAグループを取り巻く事業環境を見据え、ANAHDとLCC(格安航空会社)のピーチ アビエーションがそれぞれ自社の戦略に基づき選択した、成長の基盤となる競争力のある最新鋭機材を積極的に導入することにしたといいます。

関連記事(外部サイト)