スイーツ3店舗、駅構内「エトモ自由が丘」に開店 ガトーショコラ専門店など

スイーツ3店舗、駅構内「エトモ自由が丘」に開店 ガトーショコラ専門店など

「エトモ自由が丘」で新たにオープンする店舗(2019年1月30日、伊藤真悟撮影)。

東急東横線・大井町線自由が丘駅構内の「エトモ自由が丘」がリニューアル。ガトーショコラ専門店「ショコラフィル」、スフレパンケーキ専門店「フリッパーズ スタンド」、台湾ティーカフェ「ゴンチャ」の3店が新たにオープンします。

スフレパンケーキ専門店、台湾ティーカフェもオープン

 東急東横線・大井町線の自由が丘駅(東京都目黒区)構内にある商業施設「エトモ自由が丘」がリニューアル。売り場面積を拡大し、新たに2店舗が2月1日(金)に、さらに1店舗が8日(金)にそれぞれオープンします。

 新店舗は、ガトーショコラ専門店の「ショコラフィル(Chocolaphil)」、テイクアウトのスフレパンケーキ専門店「フリッパーズ スタンド(FLIPPER'S STAND)」、台湾ティーカフェの「ゴンチャ(Gong cha)」です。いずれも駅南口の改札外に開店します。

 東急電鉄では、沿線の人が快適に暮らし、楽しみのある街を実現するため、東急線の駅構内や高架下、駅ビルの店舗開発やリニューアルを推進しています。今回のリニューアルもそのひとつです。魅力的なスイーツ店をオープンさせることで自由が丘の街の個性や魅力をさらに高め、より多くの人に自由が丘へ足を運んでもらうことを目指しているといいます。

 同社運営事業部の担当者は「新店舗は自由が丘駅南口の改札からまっすぐ歩いたところにあります。店舗の脇には踏切があり、正面口と北口へとつながる道です。今回魅力ある3店舗が出店することで、これまで以上に自由が丘の北と南がつながり、街が活性化していけたらと考えています」と話しました。

 3店のオープン日は、「ショコラフィル」と「フリッパーズ スタンド」が2月1日(金)、「ゴンチャ」が2月8日(金)です。

 東急沿線に展開する「エトモ」は東急電鉄が開発し、東急モールズデベロップメントが運営しています。「エトモ自由が丘」は2014(平成26)年3月に開業。カフェやレストラン、スイーツ、雑貨、コンビニエンスストアなど、今回オープンする3店舗を含めて16店舗が出店しています。

関連記事(外部サイト)