北総線沿いの国道464号「北千葉道路」東へ延伸 成田空港まで15分短縮

北総線沿いの国道464号「北千葉道路」東へ延伸 成田空港まで15分短縮

印西市から成田市に向けて建設が進む国道464号「北千葉道路」(画像:国土交通省関東地方整備局)。

国道464号「北千葉道路」の成田市船形〜押畑間が開通します。

 国土交通省関東地方整備局と千葉県県土整備部は2019年1月29日(火)、国道464号「北千葉道路」のうち、成田市の船形から押畑までの区間が3月3日(日)15時に開通すると発表しました。

 北千葉道路は千葉県の市川市と成田市を東西に結ぶ延長約43kmの道路です。このうち、鎌ケ谷市から北総線(成田スカイアクセス線)に沿う形で成田市船形までの約26kmの区間が開通しています。

 今回は、船形から押畑までの約3.8kmが暫定2車線で延伸。これにより、国道16号との交差点(船橋市小室)から成田空港までの所要時間が、60分から45分に短縮されるとしています。

【地図】開通区間の詳細

関連記事(外部サイト)