「ザ・レール・キッチン・チクゴ」完成 車内に「窯」がある西鉄観光列車

「ザ・レール・キッチン・チクゴ」完成 車内に「窯」がある西鉄観光列車

西鉄の新しい観光列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」(2019年2月1日、草町義和撮影)。

西鉄の新しい観光列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(ザ・レール・キッチン・チクゴ)」が完成。通勤電車を改造した車両が天神大牟田線と太宰府線をゆっくり走り、窯を設けたキッチンを使って客に食事を提供します。

通勤電車がキッチン付きの観光列車に変身

 西日本鉄道(西鉄)は2019年2月1日(金)、新しい観光列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(ザ・レール・キッチン・チクゴ)」を、筑紫工場(福岡県筑紫野市)で報道陣に公開しました。3月23日(土)から運行を開始します。

「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」は、天神大牟田線で使われている通勤車両の6050形電車を改造した観光列車です。3両編成で定員は52人。車内は大きなテーブルを設けたダイニング席が設けられました。また、中間の2号車には「窯」を中心とした大型キッチンも設けられ、沿線の食材を使った温かい料理を客に提供します。外観はテーブルクロスをイメージしたデザインでまとめられました。

 運行は金曜と土休日に、天神大牟田線の西鉄福岡(天神)〜大牟田間で、ランチを提供する列車(西鉄福岡発)とディナーを提供する列車(大牟田発)が運転されます。所要時間は通常運転されている特急列車の2倍を超える2時間半です。6月1日(土)からは、太宰府線を含む西鉄福岡(天神)〜太宰府間でも、ブランチを提供する列車が運転されます。

 西鉄は2014年3月から、太宰府観光客向けの列車「旅人―たびと―」の運行を開始。2015年10月からは柳川観光客向けの「水都―すいと―」の運行も始めました。いずれも特急車両の8000形車両を装飾したもので、大がかりな改造は行われていません。西鉄が車体や車内の改造を伴う本格的な観光列車を導入するのは、「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」が初めてです。

関連記事(外部サイト)