高速道路110km/h区間の1年 新東名と東北道の試行区間、さらに引き上げ120km/h制限へ

高速道路110km/h区間の1年 新東名と東北道の試行区間、さらに引き上げ120km/h制限へ

新東名上りの森掛川IC付近。規制速度の標識に「110」の文字が(佐藤 勝撮影)。

新東名高速と東北道の一部区間で現在、最高速度が100km/hから110km/hに引き上げられていますが、さらに120km/hまでの引き上げが試行されます。110km/h引き上げから1年余り、どう変わったのでしょうか。

110km/h引き上げから1年、新東名では「ほぼ変化なし」

 新東名高速の新静岡IC〜森掛川IC間(静岡県、50.5km)と、東北道の花巻南IC〜盛岡南IC間(岩手県、30.6km)で、2019年3月から最高速度が120km/hに引き上げられます。

 これらの区間では、かねてより試行的に、最高速度が100km/hから110km/hに引き上げられていました。試行前には「スピードの出しすぎにつながる」「速いクルマと遅いクルマの速度差が大きくなり危険」といった意見もありましたが、引き上げからのおよそ1年間で、変化は見られたのでしょうか。

 静岡県警によると、新東名の試行区間における実勢速度(実際に走行するクルマの平均的な速度)は従前とほぼ変化なく、事故件数については、人身事故は減少、物損事故は増加となり、全体としては微増とのこと。しかし、著しい速度超過車両による交通事故は発生していないとしています。

「試行前とほとんど変わっていません。最高速度を10km/h引き上げれば実勢速度も10km/h上がる、といったことはありませんでした。『110km/hで走行する必要はない』ということが各メディアで報道されたこともあり、『飛ばしていいんだ』と誤った認識で捉える人が少なかったことも大きいでしょう」(静岡県警 高速道路交通警察隊)

 なお、静岡県警が利用者へアンケート調査を行ったところでは、最高速度の引き上げに肯定的な意見が過半数を占めたそうです。

東北道ではむしろ「改善」

 東北道の試行区間では、速度引き上げ前と比べ、むしろ実勢速度が低下しています。

 岩手県警交通規制課によると、花巻南IC〜盛岡南ICにおける速度引き上げ後1年間の実勢速度は、上りが110.7km/h、下りが113.6kmで、それぞれ2.7km/h、0.6km/h、前年同期からマイナスとなりました。そもそも、新東名や東北道の試行区間が選ばれたのは、実勢速度と規制速度の乖離を改善することが理由のひとつだといいますが、110km/h引き上げにより「乖離がほぼなくなってきた」と話します。

「実勢速度が下がった要因は分析しきれませんが、アンケート結果からも、ドライバーは最高速度が110km/hであることに気づいてはいるようです。この区間だけ速度を上げるような運転は認められないことからも、自分に見合った速度のまま進行しているのでしょう」(岩手県警交通規制課)

 同試行区間は2017年12月より制限速度が引き上げられましたが、その後1年間に起こった人身事故は、重傷事故1件のみ。前年同期は死亡事故1件、軽傷事故2件だったといい、こちらもマイナスとなっています(いずれも悪天候などによる50km/hあるいは80km/h規制中を除く数値)。ただし物損事故は、前年同期から26件増の72件。これは単独事故、特に動物の飛び出しに起因するものが多いそうです。

「従来通りの100km/h規制であれば回避できたかはわかりませんが、速度に起因する事故が数値を押し上げたわけではないと考えています」(岩手県警交通規制課)

 なお、静岡県警も岩手県警も、当該区間における取り締まりを強化しているといいますが、岩手県警ではおもに、いわゆる「あおり運転」対策と追突防止の観点から「車間距離不保持違反」を取り締まっているとのこと。両県とも、ヘリによる上空からの取り締まりも実施しています。

120km/hへの引き上げ、懸念点も

 今回実施される最高速度120km/hへの引き上げは、静岡、岩手の両区間とも、一定の安全レベルが確保されたとして実施されるものです。

 ただし、両区間とも大型トラックについては今後も最高速度80km/hに制限され、実際の速度差が広がる可能性もあります。新東名の試行区間にある片側3車線の箇所では、大型車は原則として最も左の車線を走行しなければなりませんが、東北道の試行区間は全線片側2車線であり、通行帯に制限はありません。

「追い越しなどは、これまで以上に安全確保が重要となります。また、大型トラックがICから高速道路へ流入する際、加速車線で十分に加速することなどについて、広報を強化する予定です」(岩手県警交通規制課)。

 ちなみに、高速道路における速度規制の見直しは、2016年3月に警察庁からその方針が発表されました。最高速度120km/hで設計され、かつ実勢速度が100km/hから120km/hという一部の高速道路について、規制速度を段階的に120km/hへ引き上げる計画です。渋滞の発生が少なく、死傷事故率が低いことから、新東名の新静岡IC〜森掛川IC間と、東北道の花巻南IC〜盛岡南IC間が試行区間に選ばれましたが、いずれ他区間でも実施されることとなります。

 規制速度引き上げの目的について国の調査研究委員会は、「実勢速度と規制速度の乖離が改善される」のほか、「高速道路の効用をより高める」「速度管理の必要性に関する国民の理解促進につながり、速度規制の実効性が増す」などとしています。一般道でも多くの区間で最高速度の見直しが進められており、警察庁によると、2016年度末までに引き上げが実施された約4400kmのうち9割で、実勢速度「変化なし」あるいは「低下」だったそうです。

【地図】「6車線化」も進む新東名

関連記事(外部サイト)