「クイーン芦ノ湖」進水! 水戸岡デザイン新型海賊船、箱根に登場 「バーサ」は引退へ

「クイーン芦ノ湖」進水! 水戸岡デザイン新型海賊船、箱根に登場 「バーサ」は引退へ

支綱が切られて芦ノ湖に進水する「クイーン芦ノ湖」(2019年2月4日、伊藤真悟撮影)。

盛り込む。必要なければ日時は入れない)箱根・芦ノ湖の新たな海賊船「クイーン芦ノ湖」が進水しました。芦ノ湖で7代目の「海賊船」で、豪華寝台列車「ななつ星in九州」などを手掛けてきた水戸岡鋭治さんが、船の内外装デザインを担当しています。

初代「パイオニア」から数えて7代目の海賊船

 神奈川県箱根町の芦ノ湖で、「海賊船」を観光船として運航している小田急グループの箱根観光船が2019年2月4日(月)、同湖畔の桃源台船舶工場にて新型海賊船の命名・進水式を行いました。

 船体横の覆いが外され、「クイーン芦ノ湖」の船名が披露されると、出席者が支綱(船体を支えるロープ)を切断。シャンパンが船体に当たり、くす玉が割れ、海賊船が湖面に進水しました。

「クイーン芦ノ湖」は、1964(昭和39)年から1991(平成3)年まで就航した芦ノ湖の初代海賊船「パイオニア」から数えて7代目の船です。「心ときめくクルーズ」をコンセプトとし、船体は湖面に映える黄金色を採用。JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」などを手掛けたドーンデザイン研究所 代表の水戸岡鋭治さんが、内外装のデザイン設計を担当しています。

 船体はジャパン マリンユナイテッドの横浜事業所鶴見工場でブロックごとに造られたあと、トレーラーで桃源台船舶工場に運ばれ、接合をはじめ甲板、客室の組み立て、マストの取り付けなどが行われました。

 進水式を終えた「クイーン芦ノ湖」は試運転などを経て、4月に就航する予定です。これにより、1991(平成3)年から就航している現在の海賊船「バーサ」が引退を迎えます。

 箱根観光船は、「クイーン芦ノ湖」に乗船して、さらに上質のリゾート感覚を味わってほしいとしています。

関連記事(外部サイト)