よみがえる伝統の門司港駅「みかど食堂」、その味を実食! 皇族用の部屋も

よみがえる伝統の門司港駅「みかど食堂」、その味を実食! 皇族用の部屋も

門司港駅の旧貴賓室。紫色の壁紙とスカーレットの絨毯。木材はチーク(2019年2月4日、皆越和也撮影)。

復原が進められている鹿児島本線門司港駅の駅舎。グランドオープンを前に、その旧貴賓室と旧次室、新たな形で復活する「みかど食堂」の味を、実際に体験してきました。メニューは「鮮魚のロースト」「カレー」です。

かつて皇族用だった部屋を

 現役の駅ではここと東京駅だけである、駅舎が国の重要文化財に指定されている鹿児島本線の門司港駅(北九州市門司区)。2019年3月10日(日)のグランドオープンに向け、保存修理工事が行われているその駅舎の一部が2019年2月4日(月)、報道陣に公開され、合わせて2階にオープンするレストラン「みかど食堂 by NARISAWA」で試食会が行われました。

 このたび公開されたのは旧貴賓室と旧次室。旧貴賓室は、大正時代に皇族用として実際に使用された部屋で、6.3×6.8mという広さに、カーブのついた「折上格(おりあげごう)天井」(高さ4.9m)を持ちます。次室は、侍従やお供ら皇族スタッフが使用した部屋とのこと。壁紙やカーテンも、残っていたものや写真を参考に復原されています。

 今後、旧貴賓室はレストランのグループ用個室として、旧次室は展示コーナーやレストランからトイレへの動線として使用される予定です。

 レストラン「みかど食堂 by NARISAWA」は、1914(大正3)年から1981(昭和56)年まで門司港駅で営業していた「みかど食堂」を再興。白い漆喰壁にこげ茶色のワニス塗装を施した腰壁と天井など、大正時代の雰囲気が復原されています。

 料理は「ワールド50ベストレストラン」に10年連続で選出され、車内でスイーツを楽しめるJR九州の観光列車「JR KYUSHU SWEET TRAIN 『或る列車』」でそのメニューを演出している成澤由浩さんが監修。伝統的な日本の洋食をメインに、徹底して九州の食材にこだわったものとしました。

「みかど食堂 by NARISAWA」のメニューを実食! とろけました

 このたびの「みかど食堂 by NARISAWA」試食会でサーブされた料理は、「門司港近海の鮮魚 一匹まるごとロースト 焦がしバターソース」と、鹿児島産の牛肉と長崎産の有機米を使った「ビーフカレー」。

「鮮魚のロースト」は今回、タイ、カサゴ(福岡ではアラカブ)、イトヨリを使用。ドライトマトとケッパーを載せ、焦がしバターソースでオーブンロースト。レモンの酸味が効いたものでした。今後はアジやカキなども使い、季節ごとに旬の魚を使った料理を出していくそうです。

「カレー」は、何十種類ものスパイスを用い、野菜でとろみをつけたもの。ほどよく甘く、ほどよく辛味が効き、牛肉は口の中で溶けてしまい、単なる洋食メニューにはとどまらない美味しさでした。

 試食会のあとには、青柳俊彦JR九州代表取締役社長執行役員、北橋健治北九州市長が出席し、門司港駅グランドオープンについての記者会見が行われました。3月10日(日)の当日に行われるセレモニー、ライトアップや駅前キャンドルなどのイベント、SL(8620型蒸気機関車58654号機)の展示、博多〜門司港間の臨時特急「きらめき」運行なども発表されています。

 門司港駅は2018年11月にみどりの窓口と券売機などが復原され、既に使用開始済み。今後は細かい部分の作り込みや駅前広場の整備などが行われ、3月10日(日)のグランドオープンを待つことになります。

関連記事(外部サイト)