震災で不通の釜石〜宮古間、8年ぶり鉄路復活! 三陸鉄道が記念列車運転

震災で不通の釜石〜宮古間、8年ぶり鉄路復活! 三陸鉄道が記念列車運転

三陸鉄道の36-200形ディーゼルカー(2008年、恵 知仁撮影)。

記念列車が釜石〜宮古間を走ります!

 岩手県の太平洋沿いを走る三陸鉄道が2019年3月23日(土)、「リアス線」の開通にあわせて宮古〜釜石間で記念列車を運転します。コースの運転区間と時刻は次のとおり(カッコ内は募集人員)。

●Aコース(40人)
釜石11時40分発→宮古13時22分着・15時25分発→釜石16時57分着
●Bコース(80人)
釜石14時30分発→宮古15時59分着・17時25分発→釜石18時51分着
●Cコース(80人)
宮古12時00分発→釜石13時30分着・15時18分発→宮古16時49分着
●Dコース(80人)
宮古14時15分発→釜石15時47分着・16時28分発→宮古17時56分着

 釜石駅と宮古駅以外で乗り降りや、片道のみの乗車はできません。また、車内販売はありません。

 乗車には事前の応募が必要です。郵便はがきに必要事項を記入し、三陸鉄道旅客営業部あてに申し込みます。1通につき4人まで応募可。はがきは2月28日(木)必着です。応募多数の場合は抽選が行われます。

 JR山田線の宮古〜釜石間は、2011(平成23)年3月の東日本大震災で線路や橋、駅舎などが被災しました。現在は線路がつながり営業再開に向けて準備が進められています。同区間はJR東日本から三陸鉄道に移管され、記念列車運転の翌日である3月24日(日)から、盛〜釜石〜宮古〜久慈間を結ぶリアス線として営業を開始します。

関連記事(外部サイト)