新型821系電車、3月16日デビュー 鹿児島本線で普通・快速列車として運転

新型821系電車、3月16日デビュー 鹿児島本線で普通・快速列車として運転

821系電車の外観(2018年10月、草町義和撮影)。

JR九州の新型車両である821系電車が営業運転を始めます。一部列車を除き811系電車と連結し、普通・区間快速・快速列車としておもに鹿児島本線の小倉〜荒尾間を走ります。

811系電車と連結

 JR九州は2019年2月6日(水)、新型821系電車の営業運転を3月16日(土)から開始すると発表しました。

 おもな運転区間は鹿児島本線の小倉〜荒尾間です。821系電車3両と811系電車4両を連結して、7両編成で普通・区間快速・快速列車として運転されます(一部列車は821系3両のみで運転)。

 821系は炭化ケイ素(SiC)という新しいタイプの半導体をモーターの制御装置に採用。普通列車などに使用している現行の415系電車に比べて消費電力量を約70%低減できるといいます。座席は窓に背を向けて座るロングシートで、1人あたりの座席幅を拡大。車内には、ベビーカーや車いす用のスペースが1編成につき2か所設けられたほか、4か国語対応の案内表示器を設置。車外には、足元を照らすライトがドア近くに設置されました。

 設計上の最高速度は120km/h。定員は3両編成で407人(うち座席137人)です。2018年2月に3両編成2本が搬入され、福岡県内を中心に走行試験などが行われていました。

【写真】821系電車の車内

関連記事(外部サイト)