空港の手荷物積み降ろし作業に「着るロボット」導入 負担軽減へ JAL

JALが空港の手荷物積み降ろし作業に腰の負担軽減する「着るロボット」導入

記事まとめ

  • 空港で手荷物・貨物の搭降載作業等を担うJALグランドサービスがパワードウェアを導入
  • ATOUN(アトウン)の腰をサポートする着用型ロボットで作業者の負荷の軽減を目指す
  • 羽田空港と成田空港に10着ずつ配備し、各地の空港への展開も検討しているという

空港の手荷物積み降ろし作業に「着るロボット」導入 負担軽減へ JAL

空港の手荷物積み降ろし作業に「着るロボット」導入 負担軽減へ JAL

パワードウェア「ATOUN MODEL Y」を着用して行うグランドハンドリング業務のイメージ(画像:JAL)。

腰をサポートするパワードウェアを導入!

 国内主要空港で手荷物・貨物の搭降載作業などのグランドハンドリング業務を担うJALグランドサービスと、着用型ロボットを提供するATOUN(アトウン)は2019年2月12日(火)、空港グランドハンドリング業務の革新の一環として、パワードウェアを導入すると発表しました。

 作業者の身体的負荷の軽減と生産性向上を目的に、アトウンのパワードウェア「ATOUN MODEL Y」を20着導入し、羽田空港と成田空港に10着ずつ配備します。

「ATOUN MODEL Y」は腰をサポートする着用型ロボットです。グランドハンドリング業務では、手荷物の積み込み作業や、上屋(貨物倉庫)においての貨物の取り扱い作業などでの活用が想定されています。

 JALグランドサービスとアトウンは、各地の空港への展開も検討。また、さらなる作業負担軽減を目指し、パワードウェアの「腕のアシスト機能」の開発にも取り組んでいくとしています。

関連記事(外部サイト)