JR四国も特急の車内販売終了へ 「アンパンマントロッコ」などは継続

JR四国、特急"しおかぜ"と"南海"の車内販売終了へ "アンパンマントロッコ"などは継続

記事まとめ

  • JR四国は14日、特急列車の一部区間で行っている車内販売を3月15日で終了すると発表
  • 「ゆうゆうアンパンマンカー」「瀬戸大橋アンパンマントロッコ」では車内販売を継続
  • JR北海道では特急「スーパー北斗」(札幌〜函館)での車内販売を28日をもって終了する

JR四国も特急の車内販売終了へ 「アンパンマントロッコ」などは継続

JR四国も特急の車内販売終了へ 「アンパンマントロッコ」などは継続

岡山〜高知・宿毛間などを結ぶ特急「南風」(画像:photolibrary)。

特急「しおかぜ」「南風」の車内販売が終了します。

 JR四国は2019年2月14日(木)、特急列車の一部区間で行っている車内販売を3月15日(金)で終了すると発表しました。

 現在、特急「しおかぜ」10本の丸亀〜観音寺間と、特急「南風」12本の丸亀〜琴平間で車内販売が実施されていますが、JR四国によると車内販売の利用減少により終了するといいます。

 なお、一部の特急列車に連結した「ゆうゆうアンパンマンカー」と、観光列車「瀬戸大橋アンパンマントロッコ」では、車内販売が継続されます。

 JR北海道では、特急「スーパー北斗」(札幌〜函館)での車内販売が2月28日(木)をもって終了し、北海道を走る在来線特急から車内販売が姿を消します。JR九州でも九州新幹線の車内販売が3月15日(金)に終了する予定です。

関連記事(外部サイト)