JALのエアバスA350-900初号機、最終組み立てを開始 仏トゥールーズ

JALのエアバスA350-900初号機、最終組み立てを開始 仏トゥールーズ

最終組み立てが始まったJALのA350-900初号機(画像:エアバス)。

主翼と胴体、尾翼の取り付けは完了しています。

 エアバスは2019年2月15日(金)、仏トゥールーズの工場で、JAL(日本航空)のA350-900初号機の最終組み立てを開始したと発表しました。

 主翼と胴体の結合、尾翼の取り付けはすでに完了。今後は翼端のウイングレット(先端の立った部分)の取り付けなど構造部の組み立てを進め、さらに機械や電気などのシステムに関する地上テストを行います。

 JALは中型ワイドボディ機のエアバスA350 XWBを31機発注(A350-900が18機、A350-1000が13機)。A350-900初号機は2019年半ばにエアバスから引き渡される予定です。JALはA350 XWBについて、まず9月に羽田〜福岡線に就航させ、さらに国内の主要路線に、その後は国際線でも運航する計画です。

関連記事(外部サイト)