北陸新幹線のトンネル「圏外」、糸魚川駅の前後区間で解消

北陸新幹線のトンネル「圏外」、糸魚川駅の前後区間で解消

峰山トンネル西側から新親不知トンネル東側までの区間で携帯電話通信サービスが始まる(画像:JR西日本)。

峰山トンネル西側〜新親不知トンネル東側間で「圏外」が解消します。

 JR西日本は2019年2月18日(月)、北陸新幹線のトンネル内で行う携帯電話通信サービスの区間を延長すると発表しました。

 糸魚川駅の前後の区間である峰山トンネル西側から新親不知トンネル東側までの区間で、携帯電話通信サービスが新たに始まります。開始予定日は、峰山トンネル西側〜糸魚川駅が3月15日(金)、糸魚川駅〜新親不知トンネル東側間が2月22日(金)です。

 上越妙高駅から峰山トンネルまでの区間は、対策工事を継続。サービス開始時期は時期が決まり次第告知されます。

関連記事(外部サイト)