車検証から車種登録、車高・車幅でルート配慮 アプリ「カーナビタイム」が新機能

車検証から車種登録、車高・車幅でルート配慮 アプリ「カーナビタイム」が新機能

「車検証読み取り」機能利用時の画面イメージ(画像:ナビタイムジャパン)。

車検証のQRコードを読み取って、車種情報を自動入力!

 ナビタイムジャパンは2019年2月21日(木)、iOSアプリ「カーナビタイム」の車種登録に、「車検証読み取り」機能を追加したと発表しました。

 この機能は、自動車検査証(車検証)のQRコードをスマートフォンで読み取るだけで、メーカー、車名、料金区分、車高、車幅などの車種情報をマイカー情報画面に自動で入力・保存できるものです(一部車種を除く)。従来は項目をひとつずつ入力する必要がありましたが、この機能が追加されたことで車種情報の登録が簡単になります。

 車種情報を登録すると、車種に合わせたルート検索や高速料金表示などが可能に。また、車高や車幅を考慮し、道幅の狭い道路や高さ制限のあるトンネルなどを避けたルートが案内されます。車検証の満了日も自動で入力されるため、満了日が近付くとアラートが表示されます。

 なお、Android OS向けの「カーナビタイム」も、「車検証読み取り」機能に順次対応する予定です。

【画像】「車検はお済みですか?」アプリが通知

関連記事(外部サイト)