服の下の危険物、駅改札で検査 ボディスキャナ使用、国交省と綜合警備保障が実証実験

服の下の危険物、駅改札で検査 ボディスキャナ使用、国交省と綜合警備保障が実証実験

実証実験に用いるテラヘルツ波パッシブ型ボディスキャナのイメージ(画像:コーンズテクノロジー、国土交通省)。

東京メトロの霞ケ関駅で実験!

 国土交通省は2019年2月22日(金)、鉄道のさらなるセキュリティ対策の実施可能性を検討する一環として、旅客スクリーニング(危険物検査)の実証実験を行うと発表しました。

 3月4日(月)から7日(木)まで、東京メトロ霞ケ関駅(東京都千代田区)の日比谷公園方面改札で、調査受託者である綜合警備保障が行います。

 検査はテラヘルツ波パッシブ型ボディスキャナを使用。人や物から自然放射される電磁波の一種、テラヘルツ波を映像化し、服の下に隠し持った物を検出します。人の流れを止めずにリアルタイムかつ連続的に検査できるのが特徴です。

 実験は、特定の改札機において、模擬危険物を隠し持ったエキストラをランダムに通過させて、ボディスキャナで検査します。スクリーニング対象は、特定の改札機を通る利用者全員です。検査への協力は任意であり、ほかの改札機から検査を受けずに通過することもできます。なお、手荷物検査は行われません。

関連記事(外部サイト)