早朝時間帯に接続改善、甘木線は最終繰り上げ 西鉄が3月23日ダイヤ改正

早朝時間帯に接続改善、甘木線は最終繰り上げ 西鉄が3月23日ダイヤ改正

西鉄の9000形電車(2019年2月、草町義和撮影)。

西日本鉄道がダイヤ改正を実施します。早朝時間帯は平日・土休日とも列車種別や時刻、優等列車との接続などを変更。甘木線では、甘木を発着する最終列車が、途中の北野発着に変わります。

新しい観光列車も運行開始

 西日本鉄道(西鉄)は2019年2月25日(月)、ダイヤ改正を3月23日(土)に実施すると発表しました。

 天神大牟田線では平日・土休日とも、花畑5時35分発の上り始発列車を5時25分発に繰り上げて、筑紫から急行列車で運行。これにより現行より14分早く西鉄福岡(天神)に到着できるようになります。

 西鉄福岡(天神)5時34分発の普通 大牟田行きは、二日市で、二日市始発の花畑行き急行に接続。同じく西鉄福岡(天神)5時52分発の普通 大牟田行き(土休日は花畑行き)は、筑紫で、筑紫始発の花畑行き急行に接続します。これにより、西鉄福岡(天神)から久留米方面への所要時間が短縮されます。

 甘木線は平日・土休日とも、甘木行き最終列車が北野止まりに、久留米方面行き最終列車が北野始発に変わるため、甘木発着の最終列車は、時刻が25〜30分ほど繰り上がります。

 このほか、西鉄福岡(天神)〜大牟田間では、新しい観光列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(ザ・レール・キッチン・チクゴ)」の運行が始まる予定です。

【写真】西鉄天神大牟田線に登場する新しい観光列車

関連記事(外部サイト)