「相鉄・JR直通線」大和〜新宿806円、湘南台〜東京908円に 相鉄など運賃認可申請

「相鉄・JR直通線」大和〜新宿806円、湘南台〜東京908円に 相鉄など運賃認可申請

相鉄・JR直通線向けに新造された相鉄の12000系電車(画像:相鉄)。

相模鉄道とJR東日本が、国土交通大臣に相鉄・JR直通線の運賃認可申請を行いました。羽沢横浜国大駅を通過して相鉄・JRをまたがって利用する際は両社の運賃を合算。大和〜新宿は806円、湘南台〜東京は908円です。

2019年度下期に開業予定

 相模鉄道(相鉄)とJR東日本は2019年2月26日(火)、建設を進めている相鉄・JR直通線について、国土交通大臣に旅客運賃設定の認可申請を行ったと発表しました。

 相鉄・JR直通線は、相鉄の西谷駅(横浜市保土ケ谷区)とJRの鶴見駅(同・鶴見区)を結ぶ新しい鉄道路線です。鶴見駅は、相鉄・JR直通線の列車は通過しますが、運賃計算をする上での分岐駅となります。開業は2019年度下期の予定です。

 相鉄区間の西谷〜羽沢横浜国大間(営業キロ2.1km)は、加算運賃が上乗せされます。通常は30円、1か月通勤定期は1140円、1か月通学定期は430円です。羽沢横浜国大駅(横浜市神奈川区)までのIC普通運賃は、横浜225円、西谷174円、二俣川204円、大和256円、海老名308円、いずみ野276円、湘南台358円です。

 JR区間の羽沢横浜国大〜鶴見間(営業キロ8.8km)は、隣接する東海道本線など同じく東京の電車特定区間の運賃と東京近郊区間が適用されます。羽沢横浜国大駅は特定都区市内制度(横浜市内)も適用。片道の営業キロが200kmを超える場合、中心駅である横浜駅を起点駅とした営業キロで運賃が計算されます。

 羽沢横浜国大駅までのIC普通運賃は、武蔵小杉302円、渋谷・新宿・東京550円です。

 羽沢横浜国大駅を通過し、相鉄線とJR線をまたがって利用する際は、相鉄線とJR線の運賃を合算します。おもな区間のIC普通運賃は次のとおり。

・二俣川〜渋谷・新宿・東京:754円
・大和〜渋谷・新宿・東京:806円
・海老名〜渋谷・新宿・東京:858円
・いずみ野〜渋谷・新宿・東京:826円
・湘南台〜渋谷・新宿・東京:908円

 なお、運賃認可申請から開業までのあいだに消費税率の引き上げが行われる場合は、増税相当額を転嫁する変更認可申請が行われる予定です。

関連記事(外部サイト)