京浜東北線大宮方面と山手線渋谷方面、同じホームで乗換可能に 品川駅でホーム改良

京浜東北線大宮方面と山手線渋谷方面、同じホームで乗換可能に 品川駅でホーム改良

品川駅で行われるホーム改良の流れ(画像:JR東日本)。

「蒲田→渋谷」の移動時などに品川の乗り換えが楽になります。

 JR東日本東京支社は2019年2月26日(火)、品川駅のホームを改良し、2022年ごろに、京浜東北線の大宮方面から山手線の渋谷・新宿方面(外回り)に同じホームで乗り換えられるようにすると発表しました。

 2019年秋に京浜東北線の線路切り替え工事が行われ、同線大宮方面が3番線から4番線に移ります。2022年ごろには3・4番線ホームが4mほど拡幅され、京浜東北線の大宮方面と、山手線の渋谷・新宿方面(外回り)が同じホームで乗り換えられるようになります。なお、山手線の両方向が発着する1・2番線ホームは、東京・上野方面(内回り)の専用になります。

 このほか、2027年以降、北側コンコースに改札口が2か所新設されるとともに、通路を11mほど拡幅。さらに、各ホームにつながるエレベーターが8基増設され、商業施設なども整備されます。

 JR東日本によると、品川駅は通勤・通学時間帯には北側コンコースや自由通路が混雑しており、また、京浜東北線の大宮方面と山手線の渋谷・新宿方面(外回り)を乗り換える場合は、階段・コンコースの経由が必要です。今後、駅利用者や乗り換え客の増加が見込まれることから、乗り換えの利便性向上や通路の混雑緩和などに取り組んでいくとしています。

【画像】北側コンコースの拡幅計画

関連記事(外部サイト)