搭乗手続きを「顔パス」に 成田空港、2020年春に国内初導入へ

成田国際空港が新しい搭乗手続き「OneID」を20年春に導入 全日空、日本航空が参加

記事まとめ

  • 成田国際空港は顔認証技術を用いた新しい搭乗手続き「OneID」を導入すると発表した
  • 搭乗客は顔写真を登録すると、搭乗ゲートなどを「顔パス」で通過できるようになる
  • ANA(全日空)とJAL(日本航空)の参加が決定、今後拡大する予定だという

搭乗手続きを「顔パス」に 成田空港、2020年春に国内初導入へ

搭乗手続きを「顔パス」に 成田空港、2020年春に国内初導入へ

顔認証技術を用いた新しい搭乗手続き「OneID」の手続きイメージ(画像:成田国際空港)。

新しい搭乗手続き「OneID」を導入へ!

 成田国際空港は2019年2月28日(木)、顔認証技術を用いた新しい搭乗手続き「OneID」を国内で初めて2020年春に導入すると発表しました。

 搭乗客は、チェックインなど空港で最初に手続きするときに顔写真を登録すると、その後の手荷物預けや保安検査の入口、搭乗ゲートでの手続きにおいて搭乗券やパスポートを提示することなく、「顔パス」で通過できるようになります。

 ゲートでは歩きながら顔写真が撮影され、「OneID」の認証システムへ照合されて本人確認が行われる仕組みです。搭乗者にとっては煩わしい手続きが軽減し、待ち時間が短縮されます。空港側にとっては、手続きの自動化により省力化・省人化を図れるメリットがあります。

 現時点ではANA(全日空)とJAL(日本航空)の参加が決まっていますが、今後、参加航空会社は順次拡大する予定です。

 成田国際空港は「この新しい旅のスタイルは世界でも取り組みがはじまったばかりであり、国内では成田空港が先駆けて導入いたします。ぜひともご期待ください」としています。

関連記事(外部サイト)