新名神「新四日市〜亀山西」開通でどう変わる? 日本の大動脈の「詰まり」解消なるか

新名神「新四日市〜亀山西」開通でどう変わる? 日本の大動脈の「詰まり」解消なるか

新四日市JCT〜菰野IC間の朝明川(あさけがわ)橋。朝明川と国道365号バイパスをまたぐ(画像:NEXCO中日本)。

新名神高速の三重県区間、新四日市JCT〜亀山西JCT間が開通します。並行する東名阪道の渋滞を回避する迂回路の完成で、クルマの流れはどう変わるのでしょうか。東名阪道の渋滞は9割減の予測など、「渋滞名所」は過去の話になりそうです。

夜中も渋滞することがあった区間を迂回

 新名神高速の三重県区間、新四日市JCT〜亀山西JCT間およそ23kmが、2019年3月17日(日)16時に開通予定です。これにより四日市から亀山にかけて、既存の高速道路(東名阪道と新名神の亀山JCT〜亀山西JCT間)を山間部経由で迂回するルートが完成します。

 この既存の東名阪道は、国土交通省が発表している2017年「IC区間別渋滞ワーストランキング」で上りの亀山JCT〜鈴鹿IC間が4位、下りの四日市IC〜鈴鹿IC間が11位、上りの鈴鹿IC〜四日市IC間が14位という、全国有数の渋滞区間。2018年から2019年にかけての年末年始は、「亀山JCT付近の上り線で通過速度が約5km/h」「12月28日から30日にかけては下り線で67時間連続渋滞」になるなど、深夜でも猛烈な渋滞に巻き込まれることがあったポイントです。

 NEXCO中日本によると、今回の新名神 新四日市JCT〜亀山西JCT間の開通により交通が分散され、東名阪道 四日市JCT〜亀山JCT間の渋滞発生回数は、およそ9割も削減される見込みとしています。同区間の所要時間は、休日の混雑時に約45分だったのが、約20分に短縮されるとのこと。同社に詳しく話を聞きました。

――新名神の新規開通区間は、主にどんなクルマが利用しますか?

 新規開通区間は、「国土の大動脈」の一部として、首都圏〜中京圏〜近畿圏の三大都市圏を結ぶ広域交通、さらに三重県を中心とした中京圏の地域内交通にご利用いただけると考えております。2008(平成20)年2月に亀山JCT〜草津JCT間が開通したことで、大部分の通過交通(主に中京圏〜近畿圏を通過するクルマ)は名神から新名神へ転換しましたが、今回の開通で、よりいっそう転換が図られるでしょう。

GWも渋滞しない!?

――東名阪道の渋滞は9割削減とのことですが、ゴールデンウイークやお盆などの多客期も、東名阪道、新名神で渋滞が発生しにくくなるのでしょうか?

 2019年のゴールデンウイークにおいては、事故による規制などで交通容量を上回らない限り、どちらも渋滞が発生しないものと予測しております。以降の混雑期についても、交通状況を注視しながら、予測精度を高めていきます。

――今回の開通は、名神高速(岐阜・滋賀)など、東名阪道以外へはどのような影響を及ぼすでしょうか?

 お話した通過交通の新名神への転換により、将来の交通需要に対応する役割を果たすほか、東名阪道と同様に、国道1号、国道23号「名四国道」など周辺の一般道における渋滞緩和効果も期待できると考えています(編注:国道1号の四日市市内は、国土交通省発表の『渋滞ランキング』で国道1号全区間のうちワースト、国道23号も同市の前後で慢性的な渋滞が発生している)。

※ ※ ※

「関東や東海地方から比較的スイスイ来ても、東名阪道で必ずといっていいほど詰まっていましたので、それが解消されるのは非常に意義深いことです」と話すのは、関西〜九州間で3航路を運航するフェリーさんふらわあの担当者。同社では新名神の開通にあわせて2019年3月より、東海地方でテレビCMなどを集中的に展開し、集客を強化しているとのこと。一方、三重県の大型レジャー施設「ナガシマリゾート」なども、関西空港などからのインバウンド(訪日旅行者)の訪問に期待を寄せています。

 なお、亀山西JCTのうち四日市方面と伊勢方面をつなぐランプウェイは、2019年度内に完成の予定。NEXCO中日本は、「東京方面から伊勢方面や名阪国道方面に行かれる場合は、新名神の新規開通区間を利用せず、引き続き東名阪道をご利用ください」としています。

 ちなみに、滋賀県や京都府、大阪府に残る新名神の未開通区間(大津JCT〜城陽JCT間、八幡京田辺JCT〜高槻JCT間)は、2023年度の開通予定です。

関連記事(外部サイト)