東北中央道、福島から山形までつながる 南陽高畠IC〜山形上山IC間が4月開通

東北中央道、福島から山形までつながる 南陽高畠IC〜山形上山IC間が4月開通

東北中央道の南陽高畠IC〜山形上山IC間が開通する(画像:NEXCO東日本)。

南陽PA、山形PAもオープン!

 NEXCO東日本東北支社は2019年3月8日(金)、東北中央道の南陽高畠IC〜山形上山IC間24.4kmが4月13日(土)15時に開通すると発表しました。

 暫定2車線で整備され、途中には南陽PAとかみのやま温泉ICが新設されます。また、あわせて、すでに開通している山形上山IC〜山形中央IC間に山形PAも開設されます。南陽PAと山形PAの駐車台数は、上下線それぞれ小型15台、大型2台、トレーラー2台ずつで、商業施設はありません。

 NEXCO東日本東北支社によると、今回の開通で米沢市役所〜山形市役所間の所要時間は70分から50分に短縮するとのこと。また、福島・仙台・山形エリアを結ぶ東北道、山形道、東北中央道のいずれかが通行止めになっても、各路線が相互補完し、エリア間の移動が可能になるとしています。

【図】米沢〜山形の所要時間が短縮

関連記事(外部サイト)