一般道から入れるPA、首都高にも誕生 休憩施設の「多機能化」進む

一般道から入れるPA、首都高にも誕生 休憩施設の「多機能化」進む

首都高の八潮PA。コンビニのほか「ショップ&キッチン840」がある(2018年12月、中島洋平撮影)。

高速道路で「一般道から徒歩で出入り可能なSA・PA」が増えるなか、首都高でも初めて、八潮PAの一般開放が始まりました。首都高のPAも、変わりつつあるようです。

駐輪場も用意

 首都高6号三郷線(上り)の八潮PA(埼玉県八潮市)に、2019年3月12日(火)、一般道へ通じる歩行者用の出入口がオープンしました。首都高がPAを一般に開放するのは、今回が初めてだそうです。

 利用可能時間帯は6時から21時のあいだ。クルマでの出入りはできませんが、自転車駐輪場も3台分用意されます。

 八潮PAには従来から、一般道に通じる「出口」はあります。常磐道方面からの高速バス利用者が道路渋滞時、ここより徒歩で八潮駅に向かい、鉄道のつくばエクスプレスに乗り継げるよう設置されているもので、PAから出ることはできますが、扉を閉めると外から開かないようになっています。

 首都高は今回、これとは別に、県道116号(首都高の高架下)に面したPAの店舗裏に歩行者用の出入口を設けるとのこと。一般開放の理由は、高速バス乗り継ぎサービスの発展形というわけではなく、「周辺にお住まいの方々へ向けた地域貢献と、PA店舗の活性化」だそうです。

「多機能化」するPA、しかし注意点も

 高速バス利用者の鉄道への乗り継ぎを目的とした首都高の“出口”は、3号渋谷線(上り)の用賀PA(東京都世田谷区)にも存在。また首都高では、「高速道路の休憩施設」だけではない機能が加わる予定のPAがあります。S1川口線(上り)の川口PA(埼玉県川口市)です。

 ここでは、PAに隣接して川口市が自然公園を整備中。「ハイウェイオアシス」(高速道路のSA・PAと連結した道路区域外の公園や商業施設の総称)として、首都高を降りずにPAから公園や地域を散策できるよう、公園とPAが一体的に整備されます。また、PA施設の一部を候補地として、「周遊バスの発着所」「非常災害時における防災拠点」の整備も検討されています。

 NEXCOが管理する高速道路では、一般道から徒歩で利用できるSA・PAの出入口が増えており、2019年2月時点で全国280か所以上を数えます。地域の人にも利用してもらうという方針のもと、NEXCO各社が積極的に一般への開放を進めているもの。首都高も今回、一般出入口の設置に当たってはNEXCOの事例を参考にしたといいます。

 とはいえ、首都高によると現状では、八潮PAのほかに一般道からの出入口を整備する予定はないそうです。また、一般道から徒歩で入る人と八潮PA内で待ち合わせ、クルマに相乗りして目的地へ向かうことは禁止とのこと。これはNEXCOのSA・PAも同様で、休憩施設は「道路」に該当しないものの、外から徒歩で入った人が、そこからクルマに乗り本線へ出ていくと、法律で禁止されている自動車専用道路への「みだりな立ち入り」に抵触してしまう、といった理由からです。

 首都高は「八潮PAから500mの位置に八潮入口がありますので、一般道上で乗り合わせたうえでご利用ください」としています。

関連記事(外部サイト)