駅の発車メロディ、「車両から」鳴らして駆け込み抑制 常磐線各駅停車で本実施へ

駅の発車メロディ、「車両から」鳴らして駆け込み抑制 常磐線各駅停車で本実施へ

常磐線各駅停車で使われているE233系電車(画像:JR東日本)。

発車メロディを車外スピーカーから流します。

 JR東日本東京支社は2019年3月12日(火)、常磐線各駅停車(亀有〜取手)で、車外スピーカーから発車メロディを鳴らす取り組みについて、16日(土)から本実施に移行すると発表しました。

 常磐線各駅停車では、2018年8月1日から、従来のホーム設置のスピーカーにかわり、列車の車体に取り付けられた車外スピーカーから発車メロディを流す取り組みが試験的に行われてきました。

 JR東日本東京支社によると、駅備え付けのスピーカーは階段や改札口など駅構内の広範囲で発車メロディが聞こえ、駆け込み乗車を誘発してしまうと想定。そこで車体スピーカーに変更し、駆け込み乗車が減少するか検証していました。

 結果、駆け込み乗車は減少し、一定の効果が見られたことから、今回、車体から発車メロディを流す取り組みを本実施に移すといいます。

 なお、これにあわせて、常磐線各駅停車に乗り入れている東京メトロ、小田急電鉄の車両の発車メロディが統一されます。

関連記事(外部サイト)