2019年3月ダイヤ改正、暮らしへの影響は? 各社の変更点をチェック!

2019年3月ダイヤ改正、暮らしへの影響は? 各社の変更点をチェック!

中央線快速のE233系電車(画像:写真AC)。

JRのダイヤ改正は、新幹線や特急のデビューや新線開業、赤字路線廃止が大きく報じられますが、私たちが普段使っている路線も変更が生じます。ダイヤ改正後に慌てないために、いつも使っている路線の改正内容を確認しておきましょう。

首都圏:夜間の快速増発、中央・総武の「ライナー」は廃止

 2019年春のダイヤ改正の大きなトピックは、北海道新幹線のスピードアップ、上越新幹線へのE7系電車投入、中央本線特急「あずさ」「かいじ」のE353系電車への統一などです。しかし、新幹線や特急以外の、いつも通勤・通学で利用している列車のダイヤも変わります。JRグループの改正日は3月16日(土)です。

 首都圏のJRは、平日の夕方から夜間にかけて動きがあります。京葉線は東京発19時台に西船橋行きを1本増発。南武線は快速の運転時間帯を延長し、下りは17〜19時台に川崎発 稲城長沼行きの快速を4本、上りは18〜19時台に登戸発 川崎行きを4本設定します。いつも乗っていた各駅停車が快速になるかもしれません。停車駅に要注意です。

 総武線快速は19〜23時台に東京発 千葉行き3本が増発されます。さらに、津田沼行きのうち2本が千葉行きに延長されます。津田沼止まりでガッカリしていた人に朗報です。ただし、この増発と延長は「ホームライナー千葉」の廃止で実現しました。料金を払ってでも座って帰りたい人には残念な改正となりました。

 中央線快速関係では、東京発18時台と21時台に青梅行きの通勤快速、19時台に武蔵五日市・高麗川行きの通勤快速が1本ずつ増えます。こちらも「青梅ライナー」の取りやめによって実現しました。ただし、着席保証列車として、東京発 八王子行きの特急「はちおうじ」が18〜23時台に6本、東京発 青梅行き特急「おうめ」が22時台に1本、設定されました。中央線快速の朝も、上り「中央ライナー」「青梅ライナー」が廃止され、代わりに東京着7時台に特急「はちおうじ」2本、特急「おうめ」1本が設定されます。

 高尾以遠では東京発17時39分の大月行き、大月発19時29分の東京行き快速が増発されます。

 朝運転の特急「成田エクスプレス9号」は、大船発が新宿発に変更されます。大船発7時台の「成田エクスプレス」は消滅。6時台の3本のほか、8時台から運行されます。

京阪神:おおさか東線延伸開業、「Aシート」導入

 おおさか東線の放出〜新大阪間の開業は、2019年3月のダイヤ改正でも大きな出来事です。この路線は通勤通学にも影響します。注意点として、現在、奈良と尼崎を結んでいた「直通快速」は経路が変更され、おおさか東線の全区間を経由して奈良と新大阪を結びます。直通快速は奈良発 新大阪行きが平日の6〜7時台に4本、土休日の7、8、15、16時台に計4本。新大阪発 奈良行きが平日の17〜20時台に4本、土休日は10、11、17、18時台に計4本です。

 大阪市内〜奈良間は近鉄特急が速くて便利ですが、新大阪駅から乗り換えなしで奈良に行けるとなれば、新しい直通快速も便利です。なお、奈良と天王寺、大阪環状線を結ぶ「大和路快速」は継続されます。放出駅では片町線(学研都市線)とおおさか東線が同一方向・同一ホームで乗り換えられ、便利になりそうです。

 着席保証列車としては、大阪〜姫路間に特急「らくラクはりま」1往復が誕生します。朝の上りは姫路発6時21分、大阪着7時21分。夕方の下りは大阪発19時04分、姫路着20時08分です。「らくらくはりま」の前後の「はまかぜ」「スーパーはくと」も停車駅を増やし、通勤需要に応えます。

 東海道本線・山陽本線(琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線)を走る新快速の一部に、着席保証車両「Aシート」が導入されます。平日、土休日とも2往復。平日朝の通勤時間帯にかかる列車は1本で、網干発7時22分、姫路、三宮、大阪、京都を経由して野洲着9時49分。平日のこのほかの列車と土休日は日中と夕夜間の運行です。旅行者、レジャー、買い物客向けといえそうです。

大手私鉄もダイヤ改正

 小田急電鉄は2018年春に複々線が完成し、大規模なダイヤ改正を実施しました。2019年3月のダイヤ改正ではおもに代々木八幡駅、開成駅の10両編成対応工事完成を受けて、新宿〜代々木上原間を走る普通列車の一部10両化、通勤急行の全列車10両化が行われます。注意点として、新松田〜小田原間では快速急行の一部が急行として運転されます。開成駅を急行停車駅にして、開成〜新宿方面を速達化するためです。

 東武鉄道は「SL大樹」のダイヤを見直します。この影響で、伊勢崎線、日光線で「SL大樹」に接続する特急や、特急と連絡・待避を行う普通列車に影響が生じます。東上線系統では帰宅時間帯の着席保証列車「TJライナー」について、平日夕方に1本、土休日夜に2本増発します。また、池袋〜川越〜小川町間で料金不要の最速列車「川越特急」を新設します。ただし日中の運転となるため、通勤通学への影響はなさそうです。

 西武鉄道は001系の新型特急「Laview(ラビュー)」の営業運転を開始します。そのほかの特急も増発します。池袋線系統は池袋16時発の飯能行き、新宿線系統は土休日の夜間に西武新宿〜本川越間の特急を1往復増やします。40000系電車を使う着席保証列車は、池袋線系統の「S-TRAIN」を平日朝に1本増発、新宿線系統の「拝島ライナー」は夕方に1本増発です。このほか、平日朝の一部列車で運転時間と停車時間を見直し、遅延回復力を高めます。

東急、名鉄などもダイヤ改正

 東急電鉄は田園都市線の平日朝ラッシュピーク直前1本と直後2本の準急を急行に変更します。田園都市線は急行に乗客が集中して遅延が発生するため、ラッシュ時の急行を準急とし、二子玉川〜渋谷間を全列車各駅停車としました。ラッシュピークの前後とはいえ準急を急行に戻すとなれば、時差通勤の効果が現れたのかもしれません。また、大井町線の急行車両の増備により、平日夜間の大井町線急行は田園都市線乗り入れを増やします。

 東京メトロと都営地下鉄は、相互直通運転している会社のダイヤ改正に合わせるかたちで時刻や行先などが変わります。なお、京急電鉄、京成電鉄、相模鉄道は2018年12月8日、京王電鉄は2019年2月22日にダイヤ改正済みです。

 名古屋鉄道は早朝の「ミュースカイ」増発のほか、西尾線の南桜井駅を急行停車駅とし、西尾線の準急をすべて急行に格上げします。三河線も深夜帯に1往復の増発です。関西大手私鉄の近鉄、南海電鉄、京阪電鉄、阪神電鉄、阪急電鉄には、3月ダイヤ改正の情報はありませんでした。

 ダイヤ改正が実施される路線を利用する方は、当日の朝に困って遅刻……ということがないように、いまのうちに駅の掲示などを確認しましょう。駅ごとに時刻表を配布する事業者もあります。

関連記事(外部サイト)