UFO聖地 エリア51の裏門へ突撃! 謎の黒い郵便受けに例のトラック…噂は本当だった!

UFO聖地 エリア51の裏門へ突撃! 謎の黒い郵便受けに例のトラック…噂は本当だった!

謎すぎる荒野の「ブラック・メールボックス」は名物のひとつ。エリア51への道しるべでもある(武若雅哉撮影)。

アメリカの「エリア51」といえば、UFO関連の話題になるとその名が挙がる、日本でも広く知られる場所です。さまざまに噂されますが、実際どのようなところなのでしょうか。エリア51の「裏門」まで行ってきました。

あの「エリア51」へ突撃!

 世界中のUFOマニアが注視する「エリア51」とは、アメリカ合衆国のネバダ州にある、アメリカ空軍の基地がある地域(あるいは基地そのもの)のことです。周囲を小高い山と砂漠に囲まれ、人里離れた場所に位置することから、中で何が行われているのか、謎のベールに包まれているのです。

 1947(昭和22)年7月、アメリカのニューメキシコ州にて、現場に近いロズウェル陸軍飛行場(当時。現・ウォーカー空軍基地)が、「墜落した空飛ぶ円盤を回収した」というプレスリリースを出しました。世に広く知られる「ロズウェル事件」の発端です。

 数時間後、「回収されたのは観測用気球だった」とプレスリリースは訂正されましたが、一方でやはりアメリカ軍はUFOやエイリアンを極秘裏に回収しており、それらはエリア51で保管されていると噂されました。そして「へき地に基地を作る以上、何かしらの“見られたくない”研究や実験が行われているのではないか」と、数多くの噂が噂を呼び、21世紀になったいまも、多くのUFOマニアが訪れる場所となっています。

 エリア51とされる地域には、アメリカ軍のグルーム・レイク空軍基地があり、当然ながら基地へ続く道もあります。通常であれば正門側へアプローチするのが筋でしょうが、今回はエリア51に裏門側から接近してみました。

道しるべは荒野の「ブラック・メールボックス」

 筆者(矢作真弓/武若雅哉:軍事フォトライター)は、戦闘機が谷間を勢い良く飛び抜ける場所として有名なデスバレー国立公園での撮影を終了し、そこから北上したトノパーという町を経由して、ルート6(アメリカ国道6号線)を東へ向かいました。途中にあるワーム・スプリングスという町から、375号線(エクステーターレストリアル・ハイウェイ)に乗り換え、進路を南に取ります。この道こそが、エリア51の「裏門」へと通じる、知る人ぞ知る道なのです。

 道中はひたすら続く一本道で、すれ違うクルマの数は非常に少なく、時折、放牧されている牛や馬を見かけるくらいでした。日中でも交通量は少なく、夜間はほぼなくなるため、星が非常にきれいに見えるといいます。満天の夜空に輝くのは星だけではなく、飛行機や人工衛星、そしてUFOもあるいは、と思わせてくれます。

 375号線をしばらく南下すると、右手に黒い物体が見えてきました。マニアのあいだで有名な「ブラック・メールボックス」です。

 荒野の真ん中に、ポツンと立つメールボックス(郵便受け)。周囲の見える範囲に人家はありません。いったい誰が何のために設置したのでしょうか。UFOマニアたちによると、「このメールボックスに手紙を入れると、エイリアンに届く」と噂されているようですが、筆者が訪れた時に見たメールボックスは、投函口もないただの黒い箱でした。しかも大きな南京錠で施錠されているので、中に何かを入れることも、出すこともできません。

 横には、壊れたプラスチック製の「白いメールボックス」もありましたが、こちらはすでに使われていないようです。

 世界中から訪れたマニアたちによって、落書きされたメールボックス。実は、このメールボックスこそが、今回の目的地であるエリア51の「裏門」への道しるべだったのです。

果てしなく続く荒野の先に「例のトラック」

「ブラック・メールボックス」がある場所は、375号線から枝分かれする形のT字路になっています。T字路といっても、枝分かれした先は舗装されておらず、信号もなく、ある程度、整地された砂利道が南西方向に向かって、どこまでも一直線に伸びています。この先に筆者の目的地があるようです。

 砂利道の幅は6mほどで、すれ違うクルマもいないため、道路の真ん中を快適に走り続けることができました。

 しばらく進み、最初の十字路を越えてさらに南下すると、少し幅の広い十字路にぶつかりました。交差しているのは、「裏門」まで続く「51ロード(グルームレイク・ロード)」です。右折し、南西に向かって走り出します。

 ずっと砂利道が続き、途中で軽くアップダウンします。よく見ると、水はけを良くするための暗渠(あんきょ)が設置されています。このような雨の少ない地域に、しかも複数、いったい何のための暗渠なのでしょうか。謎が深まります。

 やがて、何もない荒野に低いフェンスが姿を現しました。そのフェンスの看板には、「この先はアメリカ空軍の管理下」である旨が書かれています。撮影することはできませんでしたが、丘の上には監視カメラも設置してありました。

 そのまま道を進むと、小高い丘の上に白いピックアップトラックが停まっています。このトラックこそが、「ブラック・メールボックス」に次いで、UFOマニアのあいだで広く知られる「例のトラック」です。

24時間監視が続く裏門、帰り際には「アレ」が来た…!

 こちらの様子をうかがうように停まる「例のトラック」を横目に奥へ進むと、アップダウンする道になり、いったんトラックの姿が視界から消えます。さらに500mほど進むと、目の前に警告看板が飛び込んできました。

 この警告看板には「不法侵入者には1000ドルの罰金が科せられる」「ドローン禁止」「写真撮影禁止」などの警告文が書かれています。ここから先が「エリア51」の施設であるということを示唆する内容であり、筆者はついに「裏門」と呼ばれる場所にたどり着いたようです。

 おもむろに周囲を見渡してみると、先ほどまで北上していた筆者のクルマに正対していた(南を向いていた)「例のトラック」が、今度はゲートの方(北)に向いています。つまり、筆者が乗るクルマの動きを逐一監視していた、ということでしょう。

 敵意が無いことを示すために、筆者が車内からトラックに向かって手を振ってみるも、特に反応はありません。警告看板の横には監視カメラがこちらを向いており、どうやら遠隔で様子を見ているようです。ただならぬ重圧を感じた筆者は、長居は無用と、2、3分ほど警告看板の前で様子をうかがってから、乗って来たクルマをUターンさせ、「裏門」を後にしました。

 特になにごともなく375号線まで引き返し、そこから東方、93号線方面へ走り出した筆者のクルマ。後方を確認しても、追いかけてくるようなクルマはいません。何かしらの発信機を取り付けられたような形跡もありません。どうやら、無事にエリア51から離れることができたようです。

 と、ひと息ついた約15分後のこと。後方からなにやら、低空を飛翔するものが近寄ってきました。「まさかUFO!?」と思い確認すると、なんと、アメリカ空軍のF-16戦闘機が、筆者の乗ったクルマを追いかけてきたのです。

 F-16は筆者のクルマの右側100mほど横を低空で飛び抜け、右旋回して離れていきました。まさかの展開に、カメラを用意できなかったのが悔やまれます。

 果たして、F-16はたまたま通過しただけなのでしょうか、それとも筆者の行動を監視しに来たのでしょうか。

 UFOが見られなかったのは残念ですが、F-16に追われるというスケールの大きい体験ができた、エリア51の裏門探訪でした。

【写真】お約束すぎる「エイリアン」に遭遇

関連記事(外部サイト)