東京〜象潟・本荘結ぶ夜行バス「エクスプレス鳥海号」、関東バス・羽後交通が運行

東京〜象潟・本荘結ぶ夜行バス「エクスプレス鳥海号」、関東バス・羽後交通が運行

夜行高速バス「エクスプレス鳥海号」の車両イメージ(画像:関東バス)。

関東バスと羽後交通が共同運行を開始!

 関東バスは2019年3月22日(金)、夜行高速バス「エクスプレス鳥海号」を羽後交通と共同で4月1日(月)から運行すると発表しました。

 東京駅と、象潟駅前(秋田県にかほ市)、本荘駅前(同・由利本荘市)などを結びます。バスは全席指定で3列独立シート(最後部のみ4列)の29席、トイレ付きです。

 下りは東京駅八重洲南口21時20分発、本荘駅前6時10分着。上りは本荘駅前21時25分発、東京駅日本橋口6時15分着。運賃は、東京駅〜象潟駅前が9020円(往復1万6240円)、東京駅〜本荘駅前・本荘営業所間が9440円(同1万7000円)です(子どもは半額)。

 なお、この路線は3月31日(日)まで、羽後交通が「ドリーム鳥海号」として、同じ時刻と運賃で全便を運行します。

関連記事(外部サイト)