名鉄名古屋駅、線路4線化へ 「忙しい」現在の線路2本から倍増

名鉄名古屋駅が線路4線化へ 完成はリニア中央新幹線が開業する2027年の見込み

記事まとめ

  • 名古屋鉄道は3月25日、名鉄名古屋駅の4線化に関する資料を発表した
  • 名鉄名古屋駅は線路が上下1本ずつの計2線であり、様々な行先の列車が数分おきに発着
  • 名鉄はこの名鉄名古屋駅の線路を、上下2本ずつ、計4線に増やす予定となっている

名鉄名古屋駅、線路4線化へ 「忙しい」現在の線路2本から倍増

名鉄名古屋駅、線路4線化へ 「忙しい」現在の線路2本から倍増

名鉄名古屋駅4線化のイメージ(画像:名古屋鉄道)。

再開発にあわせて駅機能を強化!

 名古屋鉄道(名鉄)は2019年3月25日(月)、名鉄名古屋駅の4線化に関する資料を発表しました。

 名鉄名古屋駅は現在、線路が上下1本ずつの計2線であり、様々な行先の列車が数分おきに発着しています。1番線は岐阜方面や犬山方面、4番線は豊橋方面や中部国際空港方面などで、各乗り場から多彩な種別と行先の列車が出発するため、色を分けたり停車位置をずらしたりといった工夫が行われています。

 名鉄はこの名鉄名古屋駅の線路を、上下2本ずつ、計4線に増やします。名古屋駅地区の再開発にあわせ、駅のスペースを現在の南東側へ広げる計画です。完成はリニア中央新幹線が開業する2027年の見込みです。

【画像】現在の名鉄名古屋駅は線路2本

関連記事(外部サイト)