「有料着席サービス」東京メトロ日比谷線・東武線直通列車に導入 2020年度から

東武鉄道と東京メトロ、東武線・日比谷線の直通列車に「有料着席サービス」導入へ

記事まとめ

  • 東武線・東京メトロ日比谷線の直通列車で、2020年度から有料着席サービスが導入される
  • 東武線と東京メトロとの相互直通運転における有料着席サービスの導入は今回が初となる
  • 車両は東武鉄道70000系電車をベースにロング・クロスシート転換車両70090型を新造する

「有料着席サービス」東京メトロ日比谷線・東武線直通列車に導入 2020年度から

「有料着席サービス」東京メトロ日比谷線・東武線直通列車に導入 2020年度から

東武鉄道70000系電車をベースに新造するロング・クロスシート転換車両70090型電車のイメージ(画像:東京メトロ)。

座席の向きを転換できる車両を新造!

 東武鉄道東京メトロは2019年3月26日(火)、東武線・東京メトロ日比谷線の直通列車で、2020年度から有料着席サービスを新たに導入すると発表しました。

 東武線と東京メトロとの相互直通運転における有料着席サービス列車の導入は、今回が初。車両は2017年7月に運行を開始した東武鉄道の70000系電車をベースとした、ロング・クロスシート転換車両の70090型を新造します。

 詳細な運行区間や運行時刻、停車駅、料金などは、決まり次第別途発表される予定です。

 ロング・クロスシート転換車両は、座席の方向が、通路向きと進行方向向きに切り替えられるのが特徴で、東武鉄道の有料座席指定列車「TJライナー」(50090型電車)や、京王電鉄の「京王ライナー」(5000系電車)などに採用されています。

【画像】クロスシート時の車内イメージ

関連記事(外部サイト)