戦車のエンジンと燃費の悩ましい話 悪さはお察し、安全と実用性で紆余曲折の100年

戦車のエンジンと燃費の悩ましい話 悪さはお察し、安全と実用性で紆余曲折の100年

演習でタンク車から燃料補給するイギリス軍の「チャレンジャー2」(左)。車体後部にドラム缶をふたつ付けている(画像:イギリス国防省)。

昨今のクルマに比べ戦車の燃費が圧倒的に悪いのは言うまでもありません。とはいえ決して放置されてきたわけではなく、人類の英知を振り絞って工夫してきた結果があっての現状です。その紆余曲折の歴史を振り返ります。

戦車はどのようなエンジンを積んでいるの?

 昨今(2019年現在)の自動車業界を見ると、電気自動車、ハイブリット車、低燃費車と、エコを売りにしたクルマが次々と登場しており、そのように燃費を抑えて長距離走行する技術を進歩させるため、各メーカーは研究に余念がありません。現在、そしてこれからも「燃費」は、ユーザーがクルマを購入するうえで最も考慮するテーマのひとつでありつづけるでしょう。

 では、戦車の燃費はどうでしょうか。何十tもの巨体を動かすエンジンを搭載しているのですから、少なくとも燃費が良いイメージを持つのは難しいでしょう。

 そもそも、戦車はどのようなエンジンを積んでいるのでしょうか。

 戦車の歴史から見ると、多種多様な戦車が登場した第2次大戦時は、ガソリンエンジンが主流でした。軽量・小型・高出力のエンジンを求めた結果、航空機用のレシプロエンジン(ピストンがシリンダー内で往復復動するエンジンのこと)を基にして戦車用エンジンとして流用するケースが多かったためです。しかし、戦車用ガソリンエンジンは燃費が悪く、被弾時に燃料タンクに引火すると火災が発生し、多大な被害が生じるといった問題がありました。

 一方、ディーゼルエンジン搭載戦車も、数少ないながら存在しました。ディーゼルエンジンは軽油が燃料ですが、ガソリンエンジンと比べると燃費がよく、なおかつ引火し難いのが特徴です。ただし、エンジンが大型化しスペース効率に劣る、そして振動や音が大きいという欠点もありました。

 それでも上述したメリットを鑑みて、1935(昭和10)年ごろには、日本の八九式中戦車(空冷ディーゼル)とポーランドの7TP軽戦車(水冷ディーゼル)が相次いで登場しており、第2次大戦に入ると、ソ連や日本の戦車はディーゼルエンジンが主流になっていました。

 そして、戦後は燃費の良いディーゼルエンジンが注目され、今日にかけて戦車用エンジンの主流となっています。

 そうしたなか、ソ連は戦後、ジェット機と同じガスタービンエンジンの研究・開発を進め、後にT-80で搭載しています。アメリカも、主力戦車のM1「エイブラムス」にガスタービンエンジンを採用しました。またスウェーデンのStrv.103(通称「Sタンク」)やフランスの「ルクレール」は、ディーゼルとガスタービンの長所短所を補完しあうために、あえて両者の複合型(ハイブリッド・エンジン)を搭載しています。

ディーゼルとガスタービン、それぞれの特徴と気になる燃費

 先にも記した通り、現用戦車のエンジンはディーゼルが主流となっていますが、アメリカとロシア、戦車大国ともいえるこの両国は、戦車用エンジンにガスタービンを採用しています。

 ロシアについてはガスタービンを採用する一方でディーゼルも併用していますが、アメリカはガスタービンに一本化しています。ここでディーゼルとガスタービン、それぞれの長所と短所を比較してみましょう。

 まず、ディーゼルエンジンですが、前述のように燃費が良い、燃料となる軽油自体がガソリンよりも安いといった利点があります。また、燃料となる軽油はガソリンなどと比べて引火しにくいため、被弾時の火災に対する危険性が低く、その点では安全性が高いともいえます。

 ガスタービンエンジンは、ディーゼルエンジンよりも軽くて高出力なのが特徴です。また、ジェット機やヘリコプターと燃料を共用できるといった利点もあります。しかしながら「燃費が非常に悪い」ところが短所です。

 アメリカのガスタービンエンジンを搭載するM1「エイブラムス」の場合、整地での燃費が約0.24km/Lといわれます。これはディーゼルエンジンを搭載するドイツの「レオパルト2」が、同じ整地での燃費で約0.46km/Lなので、半分程度です。ちなみに、市販のトヨタ「プリウス」現行モデルは、カタログ燃費(JC08)が39km/Lですので(グレードE)、M1「エイブラムス」と比較すると約162倍もの燃費差といえるでしょう。

 これはロシアでも同様で、初めてガスタービンエンジンを制式採用したT-80は、あまりに燃費が悪く、なおかつトラブルが多かったため、のちにディーゼルエンジンに換装したT-80UDというタイプが登場しました。さらにそののち、ロシアで開発されたT-90やT-14といった新型戦車は、ディーゼルエンジンを搭載しています。

 このように世界的に見ると、ガスタービンはまだまだ少数派です。転じて日本の国産戦車は、戦後も一貫してディーゼルエンジンを搭載しています。自衛隊発足時に供与されたM24、M4A3、M41といったアメリカ製戦車はガソリンエンジンでしたが、それらはいまでは全て退役しています。

戦車への燃料補給、実際のところは?

 それでは戦車への燃料補給は実際、どのようにして行われているのでしょうか。

 陸上自衛隊の場合、各駐屯地に給油所があり、戦車もここを利用することは可能ですが、燃料をがぶ飲みする戦車は給油に時間がかかるため、何両も連なって向かうと混雑の原因になります。

 そのため、パーク(駐車場)で給油する姿がよく見られます。各駐屯地には「燃料集積所」という場所があり、そこには緊急時や災害派遣に備えて必ず一定数、燃料が入ったドラム缶(1缶あたり200リットル)が用意されています。ここにまずトラックで向かい、軽油が入ったドラム缶を必要数荷台に搭載し、パークに戻ります。その後、ドラム缶を下ろし、人力で戦車のそばまで転がし、手動ポンプで給油します。

 手動ポンプは種類にもよりますが、おおむねハンドル1回転で1リットル汲み上げるようにできており、単純に考えてもドラム缶を空にするまでハンドルを200回転させることになります。

 ちなみに各部隊で保有する戦車には、常に一定量の燃料が入っているように管理されており、燃料タンクが空の状態になることはほとんどありません。部隊では隊員が常時、部隊が装備する全車両の稼動状況を把握しており、適時適切な燃料補給を行っているからです。

 このように、「たかが給油」と思うかもしれませんが、軍用車両への給油は多くの人員が関わって実施されています。

【写真】ドラム缶かついだ74式戦車、偽装中

関連記事(外部サイト)