横浜駅を通らない東海道線に乗る いまは貨物メイン、もうすぐ「本格的」な旅客線に

横浜駅を通らない東海道線に乗る いまは貨物メイン、もうすぐ「本格的」な旅客線に

東海道貨物線(羽沢線)の横浜羽沢駅(2015年9月、草町義和撮影)。

JR東海道本線の貨物線に、横浜駅を通らない「羽沢線」とも呼ばれる路線があります。貨物列車と、平日の「湘南ライナー」など限られた旅客列車しか走らない路線ですが、一部区間は「本格的」に旅客化され身近な路線になりそうです。

平日は座席定員制の旅客列車も運行

 JR東海道本線では、平日に「湘南ライナー」や「おはようライナー新宿」「ホームライナー小田原」という座席定員制の通勤列車が運行されています。「湘南ライナー」の場合、運行本数は朝の上り7本と夜の下り9本。東京駅または品川駅と、小田原駅(神奈川県小田原市)のあいだを結びます。

 神奈川県西部の湘南エリアと東京都心を結ぶ列車ですから、横浜駅には停車しないダイヤを組んでいます。しかも、上り5本と下り1本は横浜駅を通過するのではなく、そもそも横浜駅を通りません。これは「東海道貨物線」という貨物線を走っているためです。

 2019年3月21日(木・祝)、その東海道貨物線を走る団体列車に乗りました。この団体列車は、府中本町駅(東京都府中市)から貨物線の武蔵野南線を走行。東海道本線(京浜東北線)の鶴見駅で、武蔵野南線から東海道貨物線に移りました。

 貨物列車の運転士になるか、「湘南ライナー」などに乗らない限り見ることのできない「貨物線の車窓」に期待は高まりますが、列車はすぐトンネルに入ってしまい、窓の外は暗闇が5分ほど続きました。

 トンネルから出てしばらくすると、貨物駅の横浜羽沢駅(横浜市神奈川区)を通過。進行方向左側の窓には、多数の線路とコンテナを載せた貨物列車の姿が見えます。一方、右側の窓には真新しい茶色と黒の建物が、一瞬見えました。「羽沢横浜国大」という工事中の新駅です。

 ここを過ぎると、再びトンネルの暗闇に包まれます。6分ほどで外に出ると、進行方向の左側に東戸塚駅(横浜市戸塚区)の姿が。鶴見駅が横浜駅の北東側にあるのに対し、東戸塚駅は南西側で、横浜駅を通らずに東京寄りから小田原寄りへ抜けました。

もうすぐ土休日も乗れるように

 東海道貨物線は、東海道本線の貨物支線の総称です。今回乗車した団体列車は、鶴見〜横浜羽沢〜東戸塚〜小田原間で東海道貨物線を走行。このうち「羽沢線」などと呼ばれている鶴見〜横浜羽沢〜東戸塚間の16.0kmは、横浜駅から離れた丘陵地帯をトンネルで貫いています。

 羽沢線は1966(昭和41)年に国鉄が建設計画を発表。1979(昭和54)年10月1日に開業しました。東海道本線の貨物列車が羽沢線を経由するようになったため、横浜駅を経由する線路に余裕が生まれ、旅客列車を増発することができました。

 一方で羽沢線にも列車を増発する余裕があったことから、1993(平成5)年からは座席定員制の通勤列車が走るようになりました。ただ、この列車は平日のみの運行。臨時列車や団体列車が運転されない限り、土休日に羽沢線を利用することはできません。

 しかし、羽沢線の一部は近いうちに、旅客列車が土休日も含めて多数運転されるようになります。これは相模鉄道(相鉄)の西谷駅(横浜市保土ケ谷区)と、横浜羽沢駅を通過中に見えた羽沢横浜国大駅までを結ぶ相鉄・JR直通線(相鉄新横浜線の一部)が、2019年11月30日(土)に開業するため。羽沢横浜国大駅の鶴見寄りで相鉄・JR直通線の線路は羽沢線と接続し、相鉄線とJR線を直通する旅客列車が走るようになるのです。

 詳細な運行計画は2019年3月29日(金)時点で未発表ですが、直通列車は朝ラッシュ時に1時間あたり4本程度、それ以外の時間帯も1時間あたり2〜3本が運行される予定。相鉄線の二俣川駅(横浜市旭区)からJR新宿駅までの所要時間は約44分とされており、横浜駅で相鉄線からJR線に乗り換えるルートに比べ、15分程度短縮されます。

【地図】相鉄が直通! 羽沢線のルート

関連記事(外部サイト)