「飛行機のふるさと」へ! JAL、成田〜シアトル線の運航を開始 乗り継ぎも配慮

「飛行機のふるさと」へ! JAL、成田〜シアトル線の運航を開始 乗り継ぎも配慮

JALのCMに出演する阿部 寛さんも登場。成田〜シアトル線就航記念セレモニー(2019年3月31日、恵 知仁撮影)。

JALが6つ目の北米西海岸路線として成田〜シアトル線を開設。初便出発に合わせ、阿部 寛さんも参加してセレモニーが行われました。アラスカ航空とのコードシェア拡大などにより、シアトル以遠への乗り継ぎ利便性も高めたといいます。

初便のボーイング787型機もシアトル生まれ

 JAL(日本航空)が2019年3月31日(日)、成田〜シアトル線の運航を開始。18時05分発のシアトル行きJL68便に合わせ、成田空港でセレモニーを開催しました。

 使用機材は「JAL SKY SUITE」仕様のボーイング787-8で、クラスはビジネスとエコノミー。以下のダイヤにより、毎日1往復の運航です(時刻は現地時間、就航時点のもの)。

・JL68便:成田18時05分発、シアトル11時05分着(所要9時間)。
・JL67便:シアトル14時15分発、成田翌日16時25分着(所要10時間10分)

 シアトル線は、6つ目となるJALの北米西海岸路線です。JALによると、日本とアメリカ主要都市間の需要は上位20都市で全体の84%を占めており、シアトルはロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコ、ラスベガスに次いで5番目に需要が大きな都市とのこと。

 そしてJALは今回のシアトル線開設により、共同事業パートナーであるアメリカン航空とともに、多くの企業が拠点を置くシアトルと日本、そしてアジア各都市間との需要へ積極的に対応していくとのこと。それを踏まえ、ダイヤは成田を夕刻に発着する設定にしたそうです。

 またJALは、アラスカ航空とのコードシェア路線を拡大。北米北西部を中心としたシアトル以遠の各都市へ、乗り継ぎ利便性を高めているといいます。

「シアトルといえば、私にとってはボーイングの工場がある、飛行機のふるさとです。いろいろな側面があるシアトルを、存分に楽しんでいただければと思います」(JAL 赤坂祐二社長)

 シアトル行き初便の乗客には搭乗記念証やノート、ボールペン、フライトタグなどの記念品がプレゼントされたほか、出発時には地上から横断幕やペンライトで見送られました。

 なお、JALの成田〜シアトル線就航は27年ぶりになります。

【写真】JALシアトル線初便の乗客へプレゼントされた記念品

関連記事(外部サイト)