「DAIYUZAN LINE イエロー・シャイニング・トレイン」大雄山線に登場 伊豆箱根鉄道

「DAIYUZAN LINE イエロー・シャイニング・トレイン」大雄山線に登場 伊豆箱根鉄道

「DAIYUZAN LINE イエロー・シャイニング・トレイン」(画像:伊豆箱根鉄道)。

5504編成が青色から黄色に!

 小田原駅(神奈川県小田原市)と大雄山駅(同・南足柄市)を結ぶ伊豆箱根鉄道の大雄山線で2019年4月4日(木)、「DAIYUZAN LINE イエロー・シャイニング・トレイン」の運行が始まりました。

 車両は5000系電車の5504編成(3両)を使用。伊豆箱根鉄道によると、工事用車両のコデ165形の塗装をそれまでの黄色から国鉄時代のぶどう色(茶色)に変えたことにより大雄山線で黄色の電車がなくなったため、5504編成を青色から黄色に生まれ変わらせたとのこと。

「DAIYUZAN LINE イエロー・シャイニング・トレイン」の名前は、「お客さまや沿線のみなさまの生活に幸せ・温かみ・輝きを与えられるように」と願いを込めたといいます。略称は「YST」です。

 5月6日(月・祝)には、大雄山駅で開催予定の「いくべーよ いずっぱこ大雄 キッズ&ファミリーフェスティバル」で、切り絵作家、水口千令さんの作品を掲出した「絵本電車」として車内が公開される予定です。

関連記事(外部サイト)