JAL特別塗装機「みんなの2020ジェット」1号機が就航! 羽田でセレモニー

JAL特別塗装機「みんなの2020ジェット」1号機が就航! 羽田でセレモニー

特別塗装機「みんなのJAL2020ジェット」1号機(2019年4月8日、伊藤真悟撮影)。

JALの国内線に特別塗装機「みんなのJAL2020ジェット」1号機が就航。これを記念して羽田空港でセレモニーが開催され、JALのアスリート社員らが出席しオリンピック気分を盛り上げました。

「2020年に向けて飛躍し、世界で一番愛される航空会社に」

 JAL(日本航空)の国内線に2019年4月8日(月)、特別塗装機「みんなのJAL2020ジェット」1号機が就航。これを記念した就航セレモニーが羽田空港で開催されました。

 特別塗装機となったのはボーイング777-200型機(機番:JA773J)。機体には「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」のマスコット「ミライトワ」「ソメイティ」と東京の街が描かれています。

 機内では、ヘッドレストカバーやドリンクサービスで使用する紙コップも特別デザインです。また「ミライトワ」や「ソメイティ」のぬいぐるみも置かれ、搭乗客には記念品(ボールペン)を配布します。

 特別塗装機「みんなのJAL2020ジェット」1号機は、2020年10月末までの予定で羽田〜伊丹線、羽田〜新千歳線、羽田〜福岡線、羽田〜那覇線などに就航。路線や便名は運航日前日の夕方にJALのウェブサイトで公開されます。

 就航セレモニーには、JALの執行役員で東京2020オリンピック・パラリンピック推進委員長の下條貴弘さんとともに、JALアスリート社員の土井杏南さん、山本凌雅さん、戸邉直人さんの3人が出席。下條さんは「私ども日本航空は、アスリート社員3名ともども2020年に向けて飛躍し、世界で一番選ばれ、愛される航空会社を目指してまいります」と話しました。

 セレモニーには「ミライトワ」「ソメイティ」のほか、米津玄師さんプロデュースの小学生ユニット「Foorin(フーリン)」がゲストとして登場。「東京2020大会」の応援ソングである米津さんの『パプリカ』の振り付けを披露しました。その後、JALのアスリート社員らとともに「みんなのJAL2020ジェット」初便、定刻14時30分発のJL121便(羽田発伊丹行き)の乗客を見送っています。

 JALでは、デザインを変えた特別塗装機の2号機と3号機も、「東京2020大会」までに就航させる予定です。

関連記事(外部サイト)