スイーツ観光列車「或る列車」、初めて門司港コース運行! JR九州

スイーツ観光列車「或る列車」、初めて門司港コース運行! JR九州

観光列車「JRKYUSHU SWEET TRAIN『或る列車』」(2017年4月、恵 知仁撮影)。

「或る列車」と門司港駅が「歴史的競演」!

 JR九州は2019年4月9日(火)、観光列車「JRKYUSHU SWEET TRAIN『或る列車(あるれっしゃ)』」を初めて門司港コースで運行すると発表しました。

「或る列車」は1906(明治39)年、当時の九州鉄道がアメリカのブリル社に発注した豪華客車をイメージした観光列車です。車内ではスイーツのコース料理が楽しめます。通常は長崎コース(長崎〜佐世保)や大分コース(大分〜日田)での運行ですが、今回は初めて、大分〜門司港間の門司港コースでの運行です。

 現在の門司港駅(北九州市門司区)は1914(大正3)年に竣工していることから、門司港コースの運行は「100年の刻(とき)を越えた歴史的な競演」(JR九州)とのこと。同コースの利用者には、限定の特別記念乗車証がプレゼントされます。

 運行日は6月7日(金)と21日(金)。午前便(21日)の大分発は10時49分、午後便(7日、21日)の門司港発は15時48分発です。乗車には、旅行商品の購入が必要。代金は片道のJRきっぷ、スイーツコース、ドリンク込みで2万5000円から3万7000円です。4月11日(木)14時から、「或る列車」のツアーデスク(電話)やウェブサイトで販売されます。

【地図】門司港コースはここを通る

関連記事(外部サイト)