東北中央道「福島〜山形」まもなく開通 料金もお得な関東〜山形最短ルート、その実力

東北中央道「福島〜山形」まもなく開通 料金もお得な関東〜山形最短ルート、その実力

南陽高畠IC〜山形上山IC間が開通する東北中央道。路線ナンバリングはE13(画像:NEXCO東日本)。

山形県の東北中央道 南陽高畠IC〜山形上山IC間がまもなく開通し、福島JCTから山形JCTまでがつながります。従来の山形道経由と比べ、関東〜山形間の最短ルートとなるほか、途中に無料区間を挟むため料金も割安です。

福島〜山形間の料金は半額以下!

 NEXCO東日本が整備を進めていた東北中央道 南陽高畠IC〜山形上山IC間24.4kmが、2019年4月13日(土)15時に開通します。

 これにより東北中央道は、東北道に接続する福島JCT(福島市)から山形県米沢市を経て、山形道と接続する山形JCT(山形市)、さらに東根北IC(山形県東根市)までがつながります。国道13号および山形新幹線(奥羽本線)に並行する形です。

 従来、関東から山形市方面へ向かうには、東北道を北上し、宮城県内の村田JCT(村田町)から山形道を経由するのが一般的でしたが、東北中央道経由ではどうでしょうか。福島JCT料金所から東北中央道 山形中央ICまでの距離や普通車料金は次のとおりです。

・東北中央道経由:80.9km、1400円
・東北道と山形道経由:105.5km、3020円

 山形市内には山形中央ICのほか、山形道の山形蔵王ICと山形北ICがありますが、福島JCT料金所から東北道・山形道経由で最短となる山形蔵王ICまででも距離は89.5km(普通車2600円)ですので、東北中央道経由は福島〜山形間、ひいては関東〜山形間の最短ルートとなります。しかも、福島JCT料金所から米沢北ICまでの36.5km(うち約9kmは東北最長の道路トンネルである「栗子トンネル」)は、国が整備した「直轄高速」として無料で通行できるため、料金も割安なのです。

所要時間はどう変わる?

 一方、福島JCT料金所〜山形中央IC間の所要時間は、既存の東北道・山形道経由で1時間16分ですが、東北中央道経由でも1時間12分と、あまり変わりません。

 これは最高速度の違いが影響。東北道・山形道は最高速度80〜100km/hですが、東北中央道は基本的に暫定2車線のため70km/hで、NEXCO東日本東北支社によると「距離は短くても所要時間は長くかかることがあります」とのこと。今回の開通により東北道から東北中央道へ転換する交通量は、2000台程度と見込んでいるそうです(編注:2019年2月における1日あたり交通量は、東北道が約30万1000台、山形道が約2万台、東北中央道が約4300台)。

 とはいえ、今回の開通は地元にとって様々な効果をもたらします。開通区間に並行する国道13号の渋滞緩和が期待されているほか、降雪などで国道13号が通行止めになると、信頼性の高い代替路がなかったことから、安定した交通路が確保されるとのこと。

 また、東北道、山形道、東北中央道による周回ルートが完成することで、いずれかの道路が通行止めになっても、福島、山形、仙台エリアを相互に移動することが可能になり、周遊による観光への寄与も期待されています。さらに、現在整備が進められている福島県内の福島市から相馬市にかけての区間も完成すれば、常磐道や仙台南部道路とともに「8の字」状のネットワークが形成され、複数ルートの選択が可能になります。

 ちなみに、東北中央道の東根北IC以北は現在、秋田県湯沢市の雄勝こまちICまでの約83kmが細切れに開通(すべて無料区間)。そこから終点の秋田道に接続する横手IC(秋田県横手市)までの29kmは開通済みです(一部有料区間)。東北道の福島西ICから横手ICまでは、既存の東北道・秋田道経由で257.5km、普通車料金5880円ですが、東北中央道の未開通区間がすべて開通した場合、同道経由で230.9km、2640円となります。

関連記事(外部サイト)