新京成電鉄が新型車両「80000形」導入 2019年冬から営業運転

新京成電鉄が新型車両「80000形」導入 2019年冬から営業運転

新京成80000形電車のイメージ(画像:新京成電鉄)。

新京成電鉄が新型車両の80000形電車を導入します。コンセプトは「〜受け継ぐ伝統と新たな価値の創造〜」。外観は丸みを帯びた形状とし、側面上部に「ジェントルピンク」の帯を配置。車内には防犯カメラを設置します。

 新京成電鉄は2019年4月11日(木)、新型車両の80000形電車1編成(6両)を導入すると発表しました。2019年冬に営業運転を開始する予定です。

 京成グループの標準車両として、京成電鉄と共同で設計。コンセプトは「〜受け継ぐ伝統と新たな価値の創造〜」です。

 外観は丸みを帯びた形状とし、高架区間でも新京成のコーポレートカラーが周囲から見えるよう側面上部に「ジェントルピンク」の帯を配置しています。

 車内は、防犯カメラを各車両に3台設置。車いすやベビーカーを利用する人や大きな荷物を持った人を対象としたフリースペースをすべての中間車に設けます。先頭車は従来と同等の車いすスペースが設置されます。

 ドア上の17インチLCD(液晶)案内表示器は2画面化し、さらに4か国語(日・英・中・韓)に対応。空調は、プラズマクラスターイオン発生装置の搭載や、制御ソフトの見直しにより改善を図ります。

 また、曲線の多い路線条件を考慮し、騒音をリアルタイムで追従して音量を調整する放送装置が搭載されます。

関連記事(外部サイト)