常磐道はあまり混まない? 東京〜仙台、東北道経由より1時間早いことも その活用法

常磐道はあまり混まない? 東京〜仙台、東北道経由より1時間早いことも その活用法

常磐道の南相馬IC付近。いわき中央IC以北は暫定2車線区間が続く(2018年11月、中島洋平撮影)。

東北道や関越道と比べ、長い渋滞が少ない傾向の常磐道。福島県いわき市以北で最高速度が低くなることから、通常は東北道経由よりも時間を要しますが、交通量が多いときには東北道経由より1時間以上の短縮となることもあります。

長い渋滞が少ない常磐道

 異例の10連休となる2019年のゴールデンウイーク。高速道路も交通量が増え、各所で渋滞が予想されることがNEXCOから発表されています。首都圏で特に長い渋滞の発生地点としては、東北道の羽生PA付近(下り)や加須IC付近(上り)、関越道の東松山IC付近(下り)や高坂SA付近(上り)などで、最大30kmから40kmと予想されています(いずれも埼玉県内)。

 そうしたなか、このような長い渋滞の発生が予想されていない路線のひとつが常磐道です。10km以上の渋滞は他路線と同様に発生するとされているものの、長くても20km(5月5日〈日〉の上り線、千代田石岡IC付近が先頭)までです。

 常磐道は東北道の迂回路としても使えます。外環道から仙台付近までの距離は、常磐道経由が311km(三郷JCT〜仙台若林JCT)、東北道経由が324km(川口JCT〜仙台南IC)。ただ、常磐道はいわき中央IC以北で片側1車線区間が続き、最高速度が70km/hに制限されるため、通常は東北道経由よりも時間がかかります。

 しかし、NEXCO東日本関東支社の「渋滞予報士」外山敬祐さんによると、正月のUターンラッシュにおいて同じ時間に仙台エリアを出発したクルマが外環道まで到達するのに、常磐道経由では208分、東北道経由は274分と、常磐道経由のほうが1時間以上早くなった事例もあるとのこと。

 外山さんは、渋滞は複数の要因が組み合わさることで発生するため一概にはいえないとしつつも、「東北道に比べて常磐道のほうが交通量が少ない傾向です。このため東京〜仙台間の移動は常磐道を使ったほうが早く到着できるケースもあります」と話します。

2019年GWも常磐道の方が狙い目か?

 2019年GWは、常磐道をどう活用すればよいでしょうか。NEXCO東日本の外山さんは次のように話します。

「上り線の渋滞ピークとなる5月5日(日)でいうと、東北道ルートでは仙台宮城ICを午前9時以前、もしくは21時以降に出発すれば、所要時間が最大で2時間20分ほど短くなると予想しています。対して常磐道ルートを選ぶ場合、午前11時ごろから19時ごろまでのあいだに仙台周辺から出発すると、東北道ルートよりも最大で1時間ほど短くなる予想です」(外山さん)

 この5月5日(日)の東北道上り線では、北から福島トンネル(福島市)付近で最大20km、西那須野塩原IC(栃木県那須塩原市)付近で最大20km、上河内SA(宇都宮市)付近で最大15km、加須IC(埼玉県加須市)付近で最大40kmの渋滞が予想されています。特に福島トンネル付近の渋滞は午前9時ごろから発生するなど、仙台を早朝または夜に出発しなければ、長い渋滞に何度も巻き込まれる可能性があります。

 対して同じ日の常磐道上り線は、北から日立中央IC(茨城県日立市)付近で最大15km、千代田石岡IC(同・かすみがうら市)で最大20km、守谷SA(同・守谷市)付近で最大15kmの渋滞がそれぞれ予想されていますが、その発生はいずれも15時から22時のあいだ(日立中央IC付近の渋滞は21時まで)。それぞれの渋滞長や渋滞時間も東北道と比べて短めで、時間次第で渋滞を回避しやすいといえます。

 ただ、GWの常磐道では、このシーズンならでは渋滞も。茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園に起因する「ネモフィラ渋滞」と呼ばれるものです。

「この公園では、ネモフィラの花がちょうどGW期間に見頃を迎えるため、近年のSNSブーム(いわゆる『インスタ映え』スポットとして人気)や訪日外国人の増加も相まって、公園へのアクセス路線となる常磐道や北関東道で渋滞が激しくなります。昨年は暖冬の影響で見頃が早まったのですが、今年は例年通りGW期間に重なる見込みです」(外山さん)

 このため、今回のGWは北関東道と接続する常磐道の友部JCT付近で、下り線はおもに午前中、上り線は午後に渋滞が予想されています。なお、道路状況は刻々と変化するため、出発前には最新の情報を確認しましょう。

関連記事(外部サイト)