広瀬すず、羽田格納庫に現る! 連続テレビ小説『なつぞら』、JAL特別塗装機に!

広瀬すず、羽田格納庫に現る! 連続テレビ小説『なつぞら』、JAL特別塗装機に!

JAL『なつぞら』特別塗装機のお披露目イベントに出席し、そのモデルプレーンをプレゼントされた広瀬すずさん(2019年4月19日、伊藤真悟撮影)。

JALに、NHK連続テレビ小説『なつぞら』の番組ビジュアルを施した特別塗装機が登場(ボーイング737-800型機)。お披露目イベントには、同番組のヒロイン役を演じる広瀬すずさんも出席しました。

羽田発の帯広行きから

 JAL(日本航空)が2019年4月19日(金)、羽田空港の格納庫内で、NHKで放送中の連続テレビ小説『なつぞら』の特別塗装機を披露。主演女優の広瀬すずさんも出席しました。

 特別塗装機となったのはボーイング737-800型機(JA346J)で、機体の中央からやや後ろ側に、青い空と広瀬すずさんが大きく描かれています。

「飛行機に自分の顔がこんなに大きくラッピングされるなんて、人生でこれが最初で最後なんだろうなと思い、すごく光栄です」
(広瀬すずさん)

 JALは「平成30年北海道胆振東部地震」の復興支援へ継続的に取り組んでおり、その一環として、北海道を舞台とする『なつぞら』の特別塗装機を就航させたものとのこと。特別塗装機が国内線に就航し、日本各地を飛ぶことで、北海道の観光需要を喚起し、人や物の交流促進にも努めるといいます。

「なっちゃん(広瀬すずさんの役名)のように、この飛行機は日本各地を元気に飛び回ります。飛行機を見て、ドラマを見て、皆さんが元気になって、北海道に来ていただきたいです」(JAL 本田俊介執行役員)

 このJAL『なつぞら』特別塗装機は、4月19日(金)の東京(羽田)発の帯広行きJAL579便より国内線で運航を開始。羽田と新千歳、伊丹、福岡、鹿児島、沖縄を結ぶ路線などで、9月まで運航される予定です。

関連記事(外部サイト)