空港で遠隔操作ロボットが利用者を案内 JAL「アバターロボット」のトライアルを実施

空港で遠隔操作ロボットが利用者を案内 JAL「アバターロボット」のトライアルを実施

人型の遠隔操作ロボット「JET」。操作者の声はボイスチェンジャーを経て利用者へ伝わる(画像:JAL)。

これは未来的!

 JAL(日本航空)は2019年4月19日(金)、羽田空港におけるアバターロボットの活用について、トライアルを実施すると発表しました。

 操作者がVR技術を使って人型の遠隔操作ロボット「JET」を動かし、利用者を空港スタッフに代わって案内するもの。羽田空港の国内線第1旅客ターミナル2階にあるJALスマイルサポートカウンター付近で、4月22日(月)から24日(水)の10時より11時、14時より15時まで、トライアルが行われる予定です。

 JALは今後、国内外の空港で様々な案内業務を想定したトライアルを行い、「JET」の活用方法について検証するとともに、操作性の向上や案内業務以外への活用を目的とした機能強化を実施。2020年からの一部実用化を目指すとしています。

 また出産や子育て、介護などにより在宅勤務を行う社員が遠隔で業務することも可能になることから、サービス品質の向上とともに、社員が働きやすい環境作りにも貢献できる技術として、JALは検証を進めていくそうです。

【図解】空港での「JET」トライアルのイメージ

関連記事(外部サイト)