文化財に登録される「スイッチバック駅」、えちごトキめき鉄道の二本木駅を訪ねてみた

文化財に登録される「スイッチバック駅」、えちごトキめき鉄道の二本木駅を訪ねてみた

登録有形文化財になる、えちごトキめき鉄道の二本木駅(2019年3月25日、草町義和撮影)。

えちごトキめき鉄道の二本木駅。急な坂が続く区間に位置するため、列車がジクザグに行き来する「スイッチバック」の駅ですが、このほど駅構内の施設7件が国の登録有形文化財になることに。どんな駅なのか、実際に訪ねました。

新潟県内では唯一のスイッチバック

 新潟県上越市内にある、えちごトキめき鉄道(トキ鉄)妙高はねうまラインの二本木駅。山あいにある駅ですが、このほど駅舎や倉庫など駅構内にある施設7件が、国の登録有形文化財として登録される見込みになりました。トキ鉄によると、駅構内にある登録有形文化財の数としては、全国で2番目に多くなるといいます。

 なぜ登録有形文化財になるのか、その理由を探ろうと2019年3月25日(月)、二本木駅を訪ねてみました。

 北陸新幹線「はくたか」を上越妙高駅(新潟県上越市)で下車し、妙高はねうまラインの普通列車に乗り換えました。列車は妙高山など高い山がそびえる長野県境のほうへ進み、線路の勾配もきつくなっていきます。

 10分ほど過ぎて、まもなく二本木駅に到着するという自動放送が入ると、列車は木造の車庫らしき建物に覆われた引き込み線に入って停車。そして逆向きに走り出しました。バックしながら進む先にも引き込み線があり、そこにプラットホームが設置されています。このような構造の駅を「スイッチバック駅」といいます。

 二本木駅付近は線路の勾配がきついため、その途中で列車を停止させたり発進させたりするのが困難でした。そこで、勾配を緩くした引き込み線を設け、そこに駅のホームを設置。列車は引き込み線に出入りするため、前進、後退するのです。いまでは車両の性能が向上し、勾配がある場所でも列車を停止、発進できるケースが増えたため、スイッチバックを採用した駅が減少。二本木駅は、新潟県内では唯一のスイッチバック駅になりました。

豪雪に対応した駅舎や雪囲い

 列車は上越妙高寄りの引き込み線に設けられたホームで停車し、ドアが開きました。ホームに降りると、まず目に入ったのが待合室で、1935(昭和10)年に建築された古いもの。柱や梁(はり)は白、壁は赤っぽい色で塗られているのが特徴で、これが登録有形文化財になる建造物のひとつです。

 続いて駅舎につながる地下通路へ。何の変哲もないコンクリート造りの通路のように見えましたが、これも70年以上前の1941(昭和16)年から1942(昭和17)年にかけて整備されました。戦前に地方の駅でコンクリート造りの地下通路が整備されたケースは珍しく、これも登録有形文化財になります。

 駅舎に至っては、100年以上前の1910(明治43)年に建築されました。その後、何度か改修されて原型をとどめていませんが、2018年に行われた補修工事で、かつての姿が一部復元されています。

 天井の近くをよく見ると、窓が設けられています。これは冬季の採光を目的とした「高窓」。二本木駅の一帯は全国でも有数の豪雪地帯で、駅舎の周囲が雪で埋もれると、外の光が入らず駅舎内が暗くなるため、高い場所にも窓を設けたのです。

「豪雪対応」はこれだけではありません。先ほど乗った列車が停止した引き込み線(長野寄り)の木造車庫らしき建物も、1922(大正11)年に建築された「雪囲い」というもの。雪が積もっても線路が埋まらないようにしたもので、明治末期に製造された国産の古レールを柱に再利用し、屋根と壁は木の板で構築されています。線路内には入れませんが、一部の列車は雪囲い内まで進入するため、車内から内部を見ることができます。

窓口でのきっぷ販売は終了

 二本木駅は1911(明治44)年、関東と長野、新潟を結ぶ信越本線の駅として開業。旅客列車はわずかな本数の普通列車が停車するだけでした。しかし、駅裏に化学薬品の製造工場が建設され、原料を工場に運んだり、生産された薬品類を全国各地に送ったりする貨物列車が運転され、駅構内は多数の貨車でにぎわいました。

 信越本線は1987(昭和62)年の国鉄分割民営化でJR東日本が引き継ぎ、貨物列車はJR貨物が運行するようになりました。北陸新幹線 長野〜金沢間が延伸開業した2015(平成27)年3月には、二本木駅を含む新潟県内の妙高高原〜直江津間がJRから第三セクターのトキ鉄へ経営が引き継がれました。

 二本木駅の各種施設が登録有形文化財になる見込みとなったのは、2019年3月18日(月)のこと。国の文化審議会が「豪雪地帯に特化した独特な鉄道駅の景観」を形成しているとして、二本木駅の駅舎や雪囲いなどを登録有形文化財として登録するよう答申しました。

 ただ、沿線は少子高齢化が進む典型的な過疎地帯。JR東日本とトキ鉄の公表資料によると、旅客列車の乗車人員は2000(平成12)年度が234人だったのに対し、2017年度は4割減の140人でした。貨物列車の乗り入れも2007(平成19)年に終了しており、かつて駅構内を埋めていた貨車もいまはありません。

 こうしたこともあり、二本木駅は2019年3月31日(日)限りで駅窓口での乗車券や定期券の販売を終了。駅舎の清掃、観光案内などの業務は、地元の非営利団体が委託されました。

関連記事(外部サイト)